調子城(ちょうし)
 別称  : なし
 分類  : 平城
 築城者: 調子氏か
 遺構  : なし
 交通  : JR東海道本線長岡京駅徒歩20分


       <沿革>
           土豪調子氏の居城とされる。現在も城跡内に調子氏の墓があるが、その墓碑銘には下毛野の
          姓が冠されている。天保年間(1830〜44)に三上景文が編纂した『地下家伝』には、下毛野氏の
          流れを汲む近衛府官人調子氏についての記載がある。それによれば、14世紀に下毛野武貞の
          子武次が調子氏を称し、代々「武」を通字としている。ただし、調子氏は平安時代から調子の地に
          居住していたと伝わる。
           このように、調子氏は幕臣ではなく朝廷に仕える官人であり、周辺でもことさら古い由緒をもつ
          家であったことから、中世に桂川右岸に割拠していた西岡衆とは扱いや行動を異にしていたもの
          とみられている。


       <手記>
           調子城一帯は、現在幼稚園となっており、遺構は認められません。比定地内に件の墓地があり
          ます。南に向かって落ち込む地形となっており、かつては四周を水を引き入れた堀が巡っていた
          そうです。
           城跡南西端のはす向かいには調子氏ご子孫の居宅がありますが、山本正男「京都市内および
          その近辺の中世城郭」(『京都大学人文科学研究所調査報告 第53号』)では、ここは郭外である
          としています。

           
 調子城址周辺現況。
城址内に残る墓碑。 


BACK