中堂寺城(ちゅうどうじ)
 別称  : 神先氏館
 分類  : 平城
 築城者: 神先氏
 遺構  : なし
 交通  : 京都市バス「大宮五条」バス停下車


       <沿革>
           神先氏の居城とされる。神先氏は、足利義政の被官武田常光を祖とし、文亀三年(1503)に神先姓
          を名乗ったと伝わる。武田常光について詳しいことは不明だが、文明十五年(1483)に徳島県阿南市
          にある梅谷寺を開基した人物として同じ名が伝わっている。
           『言継卿記』の大永八年(1528)一月二十八日の項には、「下中道寺と申し候う処、本圀寺の内、
          柳本居候処、方々焼け候ふ」とある。柳本とは柳本賢治のことを指すと考えられる。この前年、賢治は
          細川晴元・三好元長らとともに桂川の戦いで細川高国軍を破り、将軍足利義晴を追い出して幕府機能
          を崩壊させていた。賢治・晴元・元長らは足利義維を堺に迎えて新たな統治機構を作ろうとしていた。
          「本圀寺」とは彼ら新体制の面々を指していると推測される。彼らの内なぜ賢治が中堂寺にいて、周辺
          が焼けたのか、また焼けたのが中堂寺城であったのかなど、詳しいことは明らかでない。
           また『長享年後畿内兵乱記』によれば、永禄元年(1558)五月九日、将軍足利義輝と対峙した松永
          弾正(久秀)の軍勢が中堂寺に陣を布いている。ただし、やはり正確に中堂寺城に着陣したのかは定か
          でない。
           中堂寺城のその後は不明である。神先家はその後郷士として続き、壬生寺の東に残る旧神先家住宅
          は京都市指定有形文化財となっている。

       <手記>
           中堂寺城は、中堂寺通の南、櫛笥通の東、大宮通の西、六条通(丹波口通)の北にあった方形単郭
          の城とされています。中堂寺は丹波街道の起点でもありました。
           京都市街地のなかにあり、遺構や案内等はありません。城域北東隅に住吉神社がありますが、当社
          は保延四年(1138)再興、天正十九年(1591)再々興とあるので、城があった当時は廃れていたか
          なくなっていたものと思われます。


           
 城の北東隅付近にある住吉神社。
中堂寺城中心付近のようす。 


BACK