だいうすの城
 別称  : なし
 分類  : 平城
 築城者: 不明
 遺構  : なし
 交通  : 京都市バス「五条西洞院」バス停下車徒歩5分


       <沿革>
           高辻通、西洞院通、新町通、松原通に囲まれた菊屋町は、古くはだいうす町といった。現在でも、菊屋町
          の北、高辻通沿いの町を堀之内町、菊屋町の南、松原通沿いを藪下町という。だいうす町も、別名を竪町
          といったという。
           「だいうす」とは「Deus」、すなわちキリシタンの町であることを示す。したがって、キリシタンの町が京都の
          寺々のように四周に堀をめぐらした城郭構をしていたことが推測されている。『京雀』によれば、だいうす町
          は「太閤(豊臣秀吉)の御時」に破却された。


       <手記>
           だいうすの城は、菅大臣神社南側の区画にあったとされています。京都の一般的な風景の町で、遺構は
          もちろんのこと、案内等もありません。南蛮寺ないし南蛮人町が、京洛の寺社と同じように城塞化していた
          とすれば、非常に興味深いことであると思います。


           


だいうすの城周辺現況(菊屋町)。中央奥が菅大臣神社。


BACK