本田城(ほんでん)
 別称  : なし
 分類  : 平城
 築城者: 不詳
 遺構  : 土塁、堀跡
 交通  : 樽見鉄道美江寺駅徒歩20分


       <沿革>
          いつ頃誰によって築かれたか定かでない。日根野備中守弘就の居城とも稲葉一鉄良通の家臣稲葉長右衛門
         の城ともいわれる。
          元西美濃三人衆の1人で、織田信長に所領を没収されていた安藤守就は、天正十年(1582)の本能寺の変に
         乗じて旧領回復を図り、一鉄の城となっていた安藤氏の元居城北方城や、この本田城などを襲撃した。しかし、
         一鉄の反撃によって、安藤氏は逆に滅ぼされた。
          その後、経緯は不詳であるが、寺西備中守直次という人物が本田城主となった。直次は1万石を領していたが、
         関ヶ原の戦いで西軍に属し、伊勢方面軍として参戦したため、戦後改易された。ここに、本田城は廃城にされた
         と思われる。


       <手記>
           美濃国は、揖斐川・長良川・木曽川が近年まで幾度も流路を変えているため、当時の地形を推察するは難し
          いのですが、本田城は、東に長良川の合渡の渡しや生津港を抱え、北を旧東山道が走る交通の要地にあった
          と推測されます。
           現在城跡は個人宅となっている様子で、とくに案内板等は見当たりませんが、周囲を土塁と濠が巡っている
          のがよく分かります。


           
 本田城址全景。
土塁と水濠跡。 


BACK