石原城(いしはら)
 別称  : なし
 分類  : 平城
 築城者: 三好長慶か
 遺構  : なし
 交通  : 近鉄京都線上鳥羽口駅よりバス
       「吉祥院堂ノ後町」バス停下車徒歩5分


       <沿革>
           『鹿苑日記』によれば、天文八年(1539)、父の遺領獲得のために兵をあげた三好長慶によって
          築かれたとされる。
           その後は石原氏の居城となったと推測される。西ノ内城主の石原氏と同族と思われるが、出自や
          関係など詳細は不明である。
           

       <手記>
           石原城は石原町の中心部にあったとされ、現在も城域内に石原氏のご子孫が住んでいらっしゃる
          そうです。遺構や案内はとくにありません。
           以前は東辺の堀跡が残っていたということですが、現在では失われたのか見つかりませんでした。
          逆に、東を除く3辺は堀跡がそのまま道路となっているようです。とくに、南辺の道路は南側に対して
          一段低く、堀跡としてのようすを色濃く残しているように思われます。

           
 北西隅から石原城址を望む。
南東隅より。 
 南辺のようす。
 右手(南側)に対して一段低くなっています。


BACK