十七条城(じゅうしちじょう)
 別称  : 舟木城
 分類  : 平城
 築城者: 舟木頼胤
 遺構  : 曲輪跡、土塁、堀
 交通  : 樽見鉄道美江寺駅徒歩15分


       <沿革>
           南北朝時代初頭、舟木頼胤によって築城された。頼胤は土岐頼貞の子とされている。頼胤の子武藤頼実は
          戦死し、その後二階堂氏・仙石氏・和田氏が相次いで居城した。
           林正長によって、城は享禄年間(1528〜31)に改築された。正長の子玄蕃は、永禄五年(1562)の軽海
          の戦いで戦死した。林氏は玄蕃の弟正三が継いだ。正三は、後に家康に仕えて2万石を領した。
           正三の子は稲葉一鉄良通の子重通の養子となり、正成と称した。正成は小早川秀秋付きの家老となったが、
          小早川家断絶により浪人し、その後家康に召しだされて慶長十二年(1607)に十七条城1万石を与えられた。
          この正成の妻お福が、後の春日局である(正成は、お福が家光の乳母に応募した際に離縁した)。
           寛永四年(1627)、正成は真岡蕃2万石へ転封となり十七条藩は廃蕃となった。正成とお福の子である次男
          正定は尾張徳川家に仕えて十七条に留まり、1000石を与えられた。しかし、孫の代で無嗣断絶となり、ここに
          十七条城は完全に廃城となった。


       <手記>
           現在城の本丸域は、個人宅となっています。ただその周囲には堀跡と土塁が巡っており、遺構を偲ぶには充分
          といえます。石碑も立てられているのですが、藪が鬱蒼としており探すのは大変です。
           本丸への道は、舗装されているものの不自然に曲がった畦道なので、もしかすると当時の縄張りのままなので
          はないかとも考えられます。
           城の北端にある熊野神社に、城の沿革を記した説明板があります。


           
 本丸を望む。
城址石碑。かなり分かりづらいので注意。 


BACK