神楽岡城(かぐらおか)
 別称  : なし
 分類  : 平山城
 築城者: 不詳
 遺構  : 堀跡、削平地
 交通  : 京都市バス「京大正門前東一条」バス停下車徒歩15分


       <沿革>
           神楽岡とは吉田山の別称で、現在も吉田山一帯の地名を吉田神楽岡町という。神楽岡城について、明確
          に記された史料は現在のところ見つかっていないが、神楽岡は南北朝時代以来たびたび戦場となっている。
           建武三年(1336)一月二十八日、神楽岡に陣取った足利尊氏勢と後醍醐天皇方の軍勢との間で合戦と
          なり(神楽岡の戦い)、この戦いも含め前日の賀茂河原、同三十日の糺河原での戦いと連敗を重ねた尊氏
          は、一時丹波へと退いた。また文和二年(1353)六月九日にも、神楽岡で足利義詮と南朝方の山名時氏
          ・楠木正儀らとの間で合戦があり、敗れた義詮は京都を逐われた。ただし、これらの合戦に際して神楽岡に
          城砦が築かれた可能性は低いと思われる。
           永禄四年(1561)七月二十八日、畠山高政と組んだ六角義賢が、三好長慶の勢力を駆逐せんと軍勢を
          率いて京へ進出した。義賢は神楽岡に陣を張ったとも、勝軍山城に入ったともいわれる。十一月二十四日、
          神楽岡および勝軍山城で六角勢と松永久秀ら三好勢の間で合戦となり(将軍地蔵山の戦い)、勝軍山城は
          松永軍によって落とされた。このころには神楽岡城は存在していたものと推測されるが、双方とも万を超える
          大軍が激突しており、六角勢は神楽岡のみならず吉田山全体に陣を張っていたものと考えられる。その後も
          しばらく六角勢と三好勢のにらみ合いが続いたが、翌五年(1562)三月五日の久米田の戦いで三好義賢が
          討ち死にすると、松永勢が京の保持を諦め撤退したため、六角義賢は神楽岡を出て入洛した。
           『言継卿記』の永禄十一年(1568)九月二十七日の条に、上洛を果たした織田信長の軍勢のうち江北郡衆
          ・高島衆八千ばかりが神楽岡に「布陣」したとある。ここでも、城の存否は明らかでない。『兼見卿記』の元亀
          四年(1573)七月十四日の条には、信長が明智光秀の進言を容れて吉田山への築城を企図し、柴田勝家
          を実地検分に派遣したが、築城には向かないとして断念した旨が記されている。したがって、遅くともこのとき
          には、神楽岡城は廃城となっていたものと推測される。

       <手記>
           神楽岡城は、吉田山の南端、現在の宗忠神社から吉田神葬墓地にかけての一帯にあったとされています。
          京都市の遺跡台帳には宗像神社近辺とありますが、宗忠神社の誤りと思われます。全体的に、社地および
          民家として改変されているため、遺構の確認は容易ではありません。
           宗忠神社と吉田山山頂方面との間を東西に走る道路は、堀切跡を利用したもののように見えます。この堀
          は、山本正男「京都市内およびその近辺の中世城郭」(『京都大学人文科学研究所調査報告 第53号』)に
          よれば明治期の神社境内図に「はっきり認められる」とのことです。これが堀跡で間違いなければ、もっとも
          良好に残っている遺構といえます。また、「中世城郭」によれば社殿西方に曲輪跡がみられるとあり、確かに
          神社西側裏手の藪になかに不完全ながら削平地が見受けられます。ただ、これは遺構なのか神社の造営に
          伴うものなのかにわかには判断できません。
           史料上城砦があったことを裏付けることはできず、これらの遺構と思しき地形と、信長が築城に不向きと考え
          た吉田山山頂ではなく中世城郭に好まれる丘陵先端にあるという2点から、城砦が存在した可能性がかなり
          高いという以上のことはいえないように思います。

           
 近衛吉田東の角から神楽岡城址を望む。
宗忠神社。 
 宗忠神社と吉田山山頂方面の間の道。堀切跡か。
神社門前から当方を望む。道路は前述の堀跡か。 
 社殿西方裏手の藪。一応削平地が認められます。


BACK