上恵土城(かみえど)
 別称  : なし
 分類  : 平城
 築城者: 不詳
 遺構  : 土塁、堀跡
 交通  : JR太多線、名鉄広見線可児駅徒歩20分


       <沿革>
           築城の経緯については不明である。
           信長の時代に、長谷川五郎右衛門なる人物が城主であったとされる。長谷川は、本能寺の変に乗じて森長可の
          居城兼山城(金山城)に攻めかかり、逆に滅ぼされたと、御嵩町の中山道みたけ館の資料館で解説されている。


       <手記>
           上恵土は、木曽川と可児川に挟まれた高台にあります。城のすぐ北には中山道(東山道)が走り、その北は木曽
          川の河岸段丘が落ち込んでいます。
           現在城の主郭部と推定される地点の外周には、一部土塁と堀跡と思われる遺構が残っています。またみたけ館
          の展示史料には上恵土城の縄張り推定図があり、多少立派に描かれすぎているように思いますが、それによれば
          城の北端は可児御嵩バイパスの上恵土交差点付近に及んでおり、交差点のすぐ脇には同じく土塁や堀跡のような
          遺構が認められます。


           
 土塁、堀跡。
主郭推定部。 
 上恵土交差点脇の土塁・堀状遺構。


BACK