上久世城(かみくぜ)
 別称  : なし
 分類  : 平城
 築城者: 寒川氏か
 遺構  : なし
 交通  : JR東海道本線向日町駅徒歩15分


       <沿革>
           応永年間(1394〜1427)ごろの上久世荘公文職として寒川元光の名がみられる。上久世城はこの
          寒川氏の居城として築かれたものと推測されている。しかし、上久世荘では14世紀前半ごろから真板氏
          が公文職を務めてきた。元光は讃岐寒川氏の一族とされ、細川氏に従って山城国に入り、上久世荘の
          公文職を真板氏から勝ち取ったものとみられている。ところが、永享年間(1429〜1441)には、公文職
          は真板慶貞、同信貞(父子か)の手に移っている。そして、明応七年(1498)の文書には公文寒川家光
          の名が現れる。真板氏と寒川氏の間で公文職の移動があったのか、それとも両氏がともに公文職を拝命
          していたのか、詳細は不明である。
           上久世荘の住人として、他に和田氏、利倉氏、恋川氏、上久世氏といった名が確認できる。このうち、
          恋川氏については、文亀永正年間(1501〜20)ごろに恋川清景が利倉安弘に討たれたとされる。また、
          利倉氏は後に革島氏から革島政宣を養子に迎えたとされる。
           上久世城がこれら諸氏のうち誰の城館であったかは、実際のところ明らかでない。ちなみに、天正四年
          (1576)には古田重然(織部)が上久世の代官となっている。

       <手記>
           上久世城は、現在久世西小学校とそれに北接する道路の下となり、遺構等は消滅しています。小学校
          東側の水路が、一部上久世城の東辺南側の城域境と一致していますが、城の堀を利用したものかどうか
          は分かりません。

           


上久世城址南東端附近のようす(久世西小学校校門)。


BACK