上野城(うえの)
 別称  : 秋田城、秋田館、上植野城
 分類  : 平城
 築城者: 秋田氏か
 遺構  : なし
 交通  : 阪急京都線西向日駅徒歩5分


       <沿革>
           『野田泰忠軍忠状』に、応仁二年(1468)、泰忠ら東軍の将兵が「秋田館上野」に陣を張ったことが記され
          ている。この頃に秋田氏が存在したことが確認されていることから、秋田館は国人秋田氏の居城とみられて
          いる。しかし、応仁の乱以降の秋田氏については、詳細は不明である。
           江戸時代前期に著された『雍州府志』には、西岡三十六人衆の1人上野氏の居城「上野城」として記述が
          ある。秋田館と上野城は同一の城を指すものと考えられているが、上野氏の存在ついては明らかでない。
           なお、城跡に建つ持泉寺の寺伝として、坂上田村麻呂の屋敷跡とするものがある。この言い伝えは、明治
          時代の調査時に持泉寺住職の口から伝えられたものであるが、にわかには信じがたい。


       <手記>
           上野城は、持泉寺とその南側一帯にあったとされ、古地図には寺の南に逆L字型の土塁が記載されてい
          ます。現在、寺の南側は公営住宅となり、残念ながら土塁は残っていません。しかし、東側から望むと館跡
          一帯が微高地になっていることが分かります。

           
 城跡とされる持泉寺。
近年まで土塁と堀があったとされる持泉寺南の公営住宅。 


BACK