府中城(ふちゅう)
 別称  : なし
 分類  : 平城
 築城者: 不明
 遺構  : なし
 交通  : JR東海道本線垂井駅下車徒歩20分


       <沿革>
           垂井町府中は、律令制における美濃国国府が置かれた地である。正確な国府の位置は未だ明確では
          ないが、近年の発掘調査により御旅神社周辺が中心であると推定されている。他方、御旅神社は美濃国
          一ノ宮南宮神社の総社であったともされ、なお判然とはしていない。
           府中城は、現在の安立寺周辺にあったとされるが、遺構等は発見されいない。歴史についてもはっきり
          したことは分かっていないが、一説には西美濃四人衆のひとり不破氏が居城としていたとされる。不破氏
          の出自については、百済系渡来人後裔説や源姓説など諸説あるが、不破氏府中城主説によると、その祖
          は山城国住人松井蔵人直家とされる。直家は鎌倉時代末期に不破郡府中村に移住し、不破氏を称した
          とされる。直家子孫の孫左衛門道広が戦国期に西保城に移るまで、不破氏は府中村に住したとされる。
          この説が正しければ、府中城は西保城以前の不破氏の居城であったと推察される。道広の孫が織田氏
          に仕えた不破河内守光治とされるが、光治以前の不破氏についてはほとんど不明といわざるを得ない。


       <手記>
           国府を御旅神社周辺、府中城を安立寺周辺と比定すると、城は国府の北東部に位置することになります。
          一帯は南に相川と垂井宿を望む扇状地状の傾斜地で、古来より要地であったことはうかがえます。
           城にまつわる史料がなく、実在したのかも不明です。ただこの地区を歩いてみると、どの家も低い石垣を
          垣根代わりに巡らし、いたるところに古井戸が散見され、館程度の古城館の存在を想定することは可能と
          思われます。


           


府中城周辺。現安立寺。


BACK