落合城(おちあい)
 別称  : 落合五郎城、落合五郎館
 分類  : 平山城
 築城者: 落合兼行
 遺構  : なし
 交通  : JR中央本線中津川駅よりバス


       <沿革>
           木曽義仲の重臣で、四天王の1人落合五郎兼行の居館跡とされる。兼行は、義仲の養父中原兼遠の三男と
          されるが、出自には他にいくつか説があり判然としていない。
           城跡とされる地は、地元で「おがらん」と呼ばれている。これは「大伽藍」から転訛したものとされており、現在
          は愛宕神社などが祀られている。
           江戸時代から落合氏の居館跡比定地については議論があったようで、平成元年(1989)にこの「おがらん」の
          地を発掘調査したが、館の痕跡を示すものは見つからなかった。


       <手記>
           比定地は、落合川の形成する谷地を望む舌状台地の突端にあります。中山道が西から南へ走っており、東南
          には落合宿があります。南側にはバイパスが走っており、大きくえぐられています。
           典型的な城館地形といえますが、選地だけをみると、木曽義仲の活躍した平安時代末期の城館というよりは、
          鎌倉中後期以降の開発領主の館といった感も否めません。ひょっとすると、この地域を治めた領主の居館として
          いくつかあるうちの1つだったのかもしれません。


 落合城址の碑。
城跡比定地を南から望む。 


BACK