顔戸城(ごうど)
 別称  : 顔戸構
 分類  : 平山城
 築城者: 斎藤妙椿か
 遺構  : 土塁、空堀、虎口
 交通  : 名鉄広見線顔戸駅徒歩5分
       <沿革>
           現地の案内板、あるいは御嵩町の中山道みたけ館の展示史料によれば、斎藤妙椿の築城という。
          妙椿は、応仁の乱で美濃国守護土岐成頼とともに西軍につき活躍した武将として有名である。
           さらに妙椿は当城で没したとも書かれていたが、詳細は不明である。
       <手記>

           顔戸城は、可児川の河岸段丘上に築かれた矩形の単郭城郭で、川と城に挟みこまれる形で中山道
          (東山道)が通っています。城は、南を除いた地続きの三方を豪壮な堀と土塁で深く穿ち、道に面した
          南と北に虎口を開いています。居館程度の城だったのでしょうが、この堀と土塁の大きさと残存状況は
          見ごたえがあります。
           このように良好に残る顔戸城ですが、文献による裏付けは進んでいないようです。御嵩町の説明では
          斎藤妙椿の居城とされていますが、どこまで本当か分かりません。
           また、城の裏手には八幡神社とその裏山がそびえていますが、この山がなかなか形がよく、ひょっと
          すると顔戸城の詰めの城として利用された痕跡があるのではないか、と思いました。
           
 顔戸城石碑。裏手が城跡。
空堀と土塁。 
 城内の様子。


BACK