美豆城(みず)
 別称  : なし
 分類  : 平城
 築城者: 三方範忠
 遺構  : なし
 交通  : 京阪本線淀駅徒歩20分


       <沿革>
           『香聞御記』に、応永二十五年(1418)に山城国守護代三方範忠が美豆に城を築いて居住したことが
          記されている。三方氏は四職の1人一色氏の家臣で、同年に山城国守護に任じられた一色義貫に従い、
          守護代の役宅として美豆城を築いたものと思われる。
           義貫は、3年後の応永二十八年(1421)に山城守護職を退き、永享六年(1434)から同八年(1436)
          まで再び山城国守護を務めている。義貫の在職中は、守護代の館として三方氏が美豆城にあったものと
          推測されるが、その前後において美豆城が継続使用されていたのかについては不明である。
           『足利季世記』には、永禄十二年(1569)一月三日、堺を発った三好三人衆の軍勢1万余が「ミズ」に
          陣取ったとある。五日には、三人衆勢は将軍足利義昭のいる京都本圀寺を襲撃している(本圀寺の変)。
          ここから、美豆城(あるいは城址)が三人衆勢の京都襲撃の拠点となった可能性が指摘できる。


       <手記>
           美豆城は、桂川と宇治川、木津川の合流点近く、涼森神社の西隣にありました。大正時代までは東側
          の堀が残っていたということですが、現在では、周辺はきれいに圃場整備され、遺構はありません。涼森
          神社の鳥居脇に城址碑と説明書きがあります。
           古地図には、南北・東西方向に畦が残り、方形の城跡そのままの区画が見受けられたということです。

           
 美豆城址碑。
美豆城址現況。 


BACK