御土居(おどい)
 別称  : なし
 分類  : 土塁
 築城者: 豊臣秀吉
 遺構  : 土塁
 交通  : 市バス鷹峯源光庵前バス停・北野天満宮前バス停など下車


       <沿革>
           豊臣秀吉により、洛中の防衛と鴨川の氾濫に対する堤防を目的として天正十九年(1591)に
         築かれた。総延長は22.5キロに及び、東は鴨川、北は鷹ヶ峯、西は紙屋川、南は九条辺りで
         京洛を土塁と堀でぐるり囲んでいた。
          御土居の内側を洛中、外側を洛外と呼んでいたが、時代が下り市街が拡大するにつれて大部
         分が取り崩され、現在9箇所を市の史跡に指定されるのみとなった。


       <手記>
          ここで取り上げたものは、市北部鷹峰と北野天満宮西側に残されている部分です。鷹峯の方は
         立ち入ることは出来ないのですが、高さ数メートルに及ぶ壮大な土塁が割りとそのままに残されて
         いるので京洛に残る数少ない中近世の遺跡として見ごたえがあります。
          北野天満宮西側に残された部分は、現在神社の梅園として公開されています。ちょうど梅の時期
         だったからか入園料が600円(梅茶・煎餅つき)かかりました。まあ、御土居を見にわざわざ北野へ
         やってくる人もそういないでしょうから、これも運命と入園料を払いました。折角なので梅も楽しもうと
         思いましたが、まだ早かったようで六分咲きといったところでした。ただこちらは御土居の上や下を歩
         けるので、交通の便も良いですし訪れやすさとしてはおすすめです。
          他にも紙屋川沿いを中心にいくつか残っている部分があるようなので、もし機会があればそれらも
         たずねてみたいと思います。


           
 鷹峯の御土居。
北野天満宮西の御土居と紙屋川。 


BACK