芹川城(せりかわ)
 別称  : なし
 分類  : 平城
 築城者: 築山氏または河野氏か
 遺構  : なし
 交通  : 市バス「下鳥羽城ノ越町」バス停下車


       <沿革>
           山本正男「京都市内およびその近辺の中世城郭」(『京都大学人文科学研究所調査報告 第53号』)
          によれば、芹川城の北方に「河野大蔵越智宿祢通昭」と「築山弥兵衛越智宿祢通清」の名が刻まれた
          墓があることから、河野氏ないし築山氏の城館であると推測されている。ただし、確証はない。
           両氏については、「通」の字と越智姓を名乗っていることから伊予河野氏との関連が指摘できるもの
          と考えられるが、詳細は不明である。


       <手記>
           芹川城は、渡瀬児童公園の北、海徳寺の北東にあったとされています。明治までは西を除く三方の
          堀跡が残っていたそうですが、現在では宅地化や大通り建設によって失われています。

           


芹川城南西隅に隣接する海徳寺。


BACK