嶋城(しま)
 別称  : 嶋氏館
 分類  : 平城
 築城者: 嶋氏か
 遺構  : なし
 交通  : JR東海道本線西大路駅よりバス
       「吉祥院嶋高町」バス停下車徒歩5分


       <沿革>
           城域付近に嶋氏が現在も居住していることから、在地領主嶋氏が存在し、嶋城はその居城であったと
          推測される。嶋城および嶋氏について、詳細は不明である。


       <手記>
           嶋城は、桂川の東岸、松尾神社の南側一帯にあったとされています。長方形に近い館城と推測されて
          いますが、現在は中心を貫いて堤防が築かれたために破壊されています。北辺東側の城域境が、道路
          となってかすかに残っているようです。城址碑や案内等はありません。
           城の南西端附近、堤防下の畑のなかに地蔵尊と非常に質素な墓碑群があります。堤防建設の前から
          城の南西隅にあったものかとも思われますが、詳細は不明です。墓碑群のなかに嶋氏の名は見られず、
          「長谷川家」「深見家」「柴田家」「石割家」の名が多く見受けられます。ただ、これらの家と嶋氏との関係
          が、あるのかないのかは分かりません。

           
 松尾神社。
嶋城北西隅の堤防上から城域を望む。 
画面左手から奥への道路が、北辺東側の城域境です。 
 城域南西隅の地蔵尊。


BACK