下鴨城(しもがも)
 別称  : なし
 分類  : 平城
 築城者: 渡辺十乗坊ら
 遺構  : なし
 交通  : 京阪鴨東線/叡山電鉄出町柳駅徒歩5分
       または市バス「新葵橋」バス停下車


       <沿革>
           山本正男「京都市内およびその近辺の中世城郭」(『京都大学人文科学研究所調査報告 第53号』)に
          よると、『室町殿日記』と『陰徳太平記』に記述がみられるという。それによると、永禄八年(1565)、渡辺
          十乗坊・磯谷らが「鴨川の頭」に城を築き、六角佐々木義賢に加勢を依頼した。義賢は、家臣永原壱岐守
          ならびに馬淵下野守を派遣して松永久秀と対峙したという。


       <手記>
           下鴨城は、山本「中世城郭」によれば、河合神社の南隣にあったとされています。しかし、「江戸期から
          昭和初期まで竹藪であった」とする記述以外に根拠がなく、疑問も残ります。また、下鴨城という名称も、
          山本氏が仮に付けたものらしく、当時の呼び名は不明です。「鴨川の頭」という表現から、もっと賀茂川と
          高野川の合流地点に近い場所であった可能性も考えられると思われます。
           『日記』と『太平記』の記述が正しければ、下鴨城は渡辺氏らによって築かれ、六角氏の軍勢が入城して
          守ったことになります。永禄八年ということから、おそらく将軍足利義輝暗殺後の混乱のなかで、松永久秀
          や三好三人衆を牽制する目的があったのでしょう。ただし、当時の六角氏の当主は義賢ではなく、その子
          義治でしたから、その点ではまた疑問が残ります。

           
 下鴨城址比定地周辺現況。
比定地東隣を流れる瀬見の小川。 


BACK