梅津城(うめづ)
 別称  : なし
 分類  : 平城
 築城者: 梅津氏か
 遺構  : 堀跡
 交通  : 阪急京都線桂駅または地下鉄東西線太秦天神川駅
       よりバス。「梅津石灘町」バス停下車徒歩5分


       <沿革>
           土豪梅津氏の居城とされる。梅津氏の出自は不明であるが、平安時代に遡る古くからの開発
          領主とみられている。とくに、仁安四年(1169)に創建された長福寺の繁栄に大きく寄与し、その
          歴史と歩みをともにしている。
           暦応二/延元四年(1339)、梅津左衛門尉清景は月林道皎国師を招いて長福寺を天台宗から
          臨済宗に改宗した。長福寺は天皇家の寄進を受け勅願寺となってさらに繁栄したが、梅津氏は
          その後ぱったりと足跡が途絶えてしまう。
           『足利季世記』によれば、永禄四年(1561)七月に三好義興が「梅津」に着陣し、翌年三月まで
          留まった。義興が在陣したのは、梅津城ないし城址であったものと推測されている。
           山本正男「京都市内およびその近辺の中世城郭」(『京都大学人文科学研究所調査報告 第
          53号』)によれば、『籾井(家)日記』の天正三年(1575)の桂川における合戦の記述において、
          「梅津隼人」および「梅津砦」が登場するとある。『籾井(家)日記』は「青鬼」として知られる丹波
          の武将籾井教業を中心に扱った籾井氏子孫らの手による軍記物であるが、教業の存在は史料
          からは確認できず、内容にも誤りが多いため、史料上の価値は低いものとみられている。もしも
          梅津隼人なる人物が実在するとすれば、梅津氏がこの時点までは存続していたことを示すもの
          といえる。
           山本「中世城郭」では、他に『雍州府誌』に義興が長福寺に滞在したことを示す記述があること
          を挙げているが、『雍州府誌』も江戸時代の著作であるため、その内容については留保が必要
          であると思われる。
           廃城時期は不明である。

       <手記>
           梅津大神宮社の裏手に有栖川が流れ、そのすぐ西側にある水路がかつての梅津城東辺の堀
          であったとされています。有栖川に架かる橋は構口橋といい、周辺が城跡であることを偲ばせる
          唯一のよすがといえます。かつては南辺にも堀跡があったようですが、現在では宅地化が進み、
          よくわかりません。
           梅津氏は、周辺の開発と同時に、桂川の水運を利用した丹波の材木輸送で財をなしたという
          ことですが、今ではその繁栄を推し測るのも難しいくなっています。
           城跡南西の少し離れたところ(城跡と梅津小学校の中間あたり)に、「梅津左衛門尉舊跡」と
          かすかに読める小さな石碑があります。

           
 東辺の堀跡の水路。
有栖川に架かる構口橋。 
 梅津左衛門尉舊跡碑。


BACK