横大路城(よこおおじ)
 別称  : なし
 分類  : 平城
 築城者: 不詳
 遺構  : 堀跡
 交通  : 京阪電鉄中書島駅よりバス
       「府道横大路」バス停下車徒歩5分


       <沿革>
           西岡(被官)衆と並ぶ横大路(被官)衆の城館と考えられている。山本正男「京都市内およびその近辺
          の中世城郭」(『京都大学人文科学研究所調査報告 第53号』)によれば、小川丹波守の城であったと
          する伝承が残るとされる。しかし、この人物が何者かは不明である。

       <手記>
           城跡の東半分は、現在アサヒビールの配送センターと保育所になっています。西半分も道路や住宅地
          になっており、城内の遺構はありません。東側の堀跡が南半分のみ水路として残っています。この水路
          は城跡の南東隅で鉤字に折れており、城館跡を偲ばせる唯一の名残となっています。この屈曲部の近く
          には、地域住民による遅きに失したようにもみえる「横大路環境憲章」が掲げられています。
           また、西側にも堀跡と思しき水路と段差がありますが、こちらは本当に遺構かどうかは表面観察からは
          なんともいえません。

           
 城跡南東隅の鉤字に折れた堀跡の水路。
城跡西側の水路(地下)と段差。堀跡か。 


BACK