古川城(ふるかわ)
 別称  : 古川氏館
 分類  : 平城
 築城者: 古河氏か
 遺構  : 土塁跡
 交通  : JR東海道本線長岡京駅または阪急電鉄長岡天神駅
       よりバス。「樋爪口」バス停下車徒歩5分


       <沿革>
           西岡衆の1つ古河氏の居城と考えられている。羽束師神社に伝わる系図によれば、古河氏は藤原秀郷
          を祖とし、古河氏初代信秀が応永三年(1396)に、足利将軍家より古河郷を与えられたことにはじまると
          される。
           その後、慶長五年(1600)の関ヶ原の戦いで古河久五郎が津城での戦いで討ち死にし、江戸時代に
          は古河氏は郷士となったとされる。


       <手記>
           古川城は、府運転免許試験場の北に位置し、東から南へと羽束師川の支流が流れています。比定地
          は周囲より一段高く、とりわけ北辺に建つ家々は北隣の道路に対して石垣で固めた段差をもち、当時の
          城跡の土塁跡と推測されます。この段差は羽束師川支流が屈曲する南東隅でもみられ、城のおおまか
          な範囲を推測することができます。

           
 古川城址北辺のようす
 民家と道路の段差は土塁跡か。
南東隅の段差。 


BACK