今村城(いまむら)
 別称  : なし
 分類  : 平城
 築城者: 今村慶満か
 遺構  : なし
 交通  : JR奈良線・京阪本線東福寺駅徒歩1分


       <沿革>
           江戸時代に著された『雍州府志』に、「鳥居ヶ崎の西、大和大路の東南、田間にあり。中古今村氏この所
          に寨を構える。末裔今なお存す」とある。
           今村氏は三好氏の被官で、三好長慶が京都を支配するに及んで、今村紀伊守慶満は京都代官に任命
          された。今村城は、この慶満によって築かれたものと推測される。慶満は、永禄五年(1562)の教興寺の
          戦いで勝龍寺城に詰めるなど、三好氏の武将として活躍していたことがうかがえる。
           他方、慶満の嫡男弥七政次は、波多野氏に仕えたとされる。京の入り口の汁谷口を支配していたという
          ことから、引き続き今村城に拠っていたと思われるが、三好氏から波多野氏に転じた経緯については不明
          である。信長の上洛後は、織田氏に従ったものと推測される。
           天正十年(1582)の本能寺の変で、今村氏は明智光秀に協力したとされ、光秀を逐った羽柴秀吉の命
          によって伊賀へ蟄居した。今村城は、このとき廃城になったものと思われる。
           なお、今村氏はその後秀吉の弟秀長の仲介で京へ戻り、柳原庄村に住したとされる。その子孫は現在
          まで続いており、今村氏に伝わる『今村家文書』は、戦国期の京のようすを知る上で貴重な史料となって
          いる。


       <手記>
           今村城は、東福寺駅のすぐ北東付近にあったとされています。地理的には、東や南東から京へ入る道
          を押さえる要衝にあります。南から南東にかけて落ち込む地形となっていて、当時は北に今熊野川が流
          れていました。川の流路は、現在道路となっていていますが、城の北西端と北東端にはそれぞれ一之橋
          と夢の浮橋が架かっていたとされ、碑が立っています。
           城の北西部は瀧尾神社境内となっていますが、これは大正時代に遷されたもので、城とは関係がない
          ようです。とくに城跡を示すようなものはなく、これらの地形から城の存在を推測するのみです。

           


今村城域に建つ瀧尾神社。


BACK