勝龍寺城(しょうりゅうじ)
 別称  : 青龍寺城、小龍寺城
 分類  : 平城
 築城者: 畠山義就か
 遺構  : 土塁、空堀、土橋
 交通  : JR東海道本線長岡京駅徒歩10分


       <沿革>
           勝龍寺城の創建は明らかでない。一般には、15世紀半ば頃に、山城国守護畠山義就によって、乙訓郡の
          郡代役所として築かれたとみられている。応仁・文明の乱に際して幾度か戦場となり、城砦化していったと
          考えられている。
           戦国期に三好氏が台頭すると、当初は松永久秀の持ち城となっていたとみられている。三好長慶の死後、
          久秀と三好三人衆が対立すると、永禄九年(1566)七月、勝龍寺城は三好軍によって攻略され、三人衆の
          ひとり岩成(石成)友通が城主となった。
           永禄十一年(1568)、足利義昭を奉じて上洛の軍を興した織田信長は、入京を前に柴田勝家らの先遣隊
          を送り、勝龍寺城を攻めさせた。このときは、友通の防戦により落城は免れたようであるが、入京を果たした
          信長が5万の大軍で改めて攻め寄せたため、抗戦を諦め開城した。
           勝龍寺城と乙訓郡ならびに西岡(桂川以西)は細川藤孝(後の幽斎)に与えられた。永禄十二年(1569)
          の本圀寺の変に際して、友通に一時勝龍寺城を奪われたともいわれるが、定かではない。
           元亀二年(1571)には、信長の命によって勝龍寺城の大改修が行われた。この改修には、桂川以西の
          所帯すべてに3ヶ月の普請労役が課されており、信長がいかに勝龍寺城を重視していたかがうかがえる。
          天正六年(1578)には、藤孝の子忠興と明智光秀の娘玉(後のガラシャ)の婚礼がこの城で行われた。
           細川氏は、天正九年(1581)に丹後国へ移封となり、代わって京都所司代村井貞勝の被官矢部善七郎
          と猪子兵助が城代となった。翌十年(1582)に本能寺の変が起こると、勝龍寺城は光秀の支配下となった。
          山崎の戦いに敗れた光秀は、勝龍寺城へ一時撤退するが、体勢を立て直せないまま城を脱出し、坂本城
          を目指して落ちていった。
           戦後、一旦羽柴秀吉が入城するものの、その後は使用されず廃城となった。淀古城の修築に建材が転用
          され、城跡は荒廃した。江戸時代初期の寛永十年(1633)、永井直清が1万2千石で長岡藩(勝龍寺藩)を
          立藩した。このとき、直清は旧勝龍寺城を改修して完成させたといわれてきた。しかし近年、JR長岡京駅の
          東側近辺で永井氏時代の記録と合致する遺構が発見され、当時荒廃が進んだ旧勝龍寺城に代わり、城の
          北側に陣屋が設けられたものと考えられるようになった。したがって、勝龍寺城は山崎の戦いをもって廃城
          となったとするのが一般的である。
           ちなみに、熊本藩細川家の美術品や資料などを収めた東京目白の永青文庫は、勝龍寺城の別字である
          「青龍寺城」から一字とったものである。


       <手記>
           勝龍寺城の東西を、小幡川と犬川が流れ、両川は城の南で合流しています。また、城の西を西国街道が
          走り、京洛の入り口を押さえる交通の要衝にあります。城は、古墳を利用したともいわれる長方形の本丸を
          中心とし、神足神社近辺を北限とする規模の大きなものでした。神足神社は、中世には勝龍寺城とは別の
          城(神足城)であったとみられていますが、藤孝の改修によって城域に取り込まれたと考えられています。
           皮肉なことに、本丸は公園化によって遺構が破壊され、元は別の城であった神足神社周辺に、土塁や堀
          、土橋といった藤孝改修時の遺構が見受けられます。本丸の濠や石垣、建物などは全て模擬で、模擬櫓の
          内部は資料館となっています。公園内のそこかしこに発掘で明らかとなった遺構の説明があるのですが、
          全体として残念な公園化の見本のようになってしまっています。


           
 本丸の模擬櫓を望む。
本丸南側の土塁と、登り道跡。 
 北門跡。光秀はここから脱出したとか。
本丸にある細川忠興とガラシャの像。 


BACK