神足城(こうたり)
 別称  : 神足屋敷
 分類  : 平城
 築城者: 神足友春か
 遺構  : 土塁、空堀、土橋
 交通  : JR東海道本線長岡京駅徒歩5分


       <沿革>
           『九条家文書』によれば、永正元年(1504)に神足友春によって築かれたとされる。ただし、神足氏は
          14世紀に神足を含む小塩荘に土着したと推測されているため、すでにあった居館を城館として整備した
          ものとも考えられる。
           摂津国守護代薬師寺元長が、摂津郡代四宮某の籠もる神足城を攻め落としたとする記録(『後法興院
          記』)もあるが、元長は文亀元年(1501or02)に死去しているため時系列的な矛盾がある。
           永禄十一年(1568)、織田信長が上洛を果たし、勝龍寺城に細川藤孝が封じられると、神足氏は藤孝
          に従った。元亀二年(1571)、信長の命により勝龍寺城の大改修が行われると、神足城は勝龍寺城の
          北東の曲輪として組み込まれた。勝龍寺城の縄張り図には「神足屋敷」と書かれている。この併合に
          より、神足城としての歴史は幕を閉じることになった。


       <手記>
           現在の神足神社境内が、神足城址です。神社の東と南に、大規模な土塁、空堀と虎口、土橋が残され
          ています。とても見事な遺構なのですが、すべて神足城ではなく、藤孝時代の改修による勝龍寺城として
          の遺構です。
           地形的には、東の小幡川に望む緩やかな台地の先端で、南と東にやや落ち込んでいます。勝龍寺城
          本丸との間には、ごく浅い谷があります。


           
 神足神社。
土橋と虎口。 
 空堀と土塁。
 いずれも細川氏による勝龍寺城としての遺構。


BACK