政所城(まんどころ)
 別称  : 吉祥院城A、吉祥院政所城
 分類  : 平城
 築城者: 不明
 遺構  : なし
 交通  : JR東海道本線西大路駅徒歩15分


       <沿革>
           遺跡ウォーカー等では(吉祥院)政所城、山本正男「京都市内およびその近辺の中世城郭」(『京都大学
          人文科研究所調査報告 第53号』)では吉祥院城Aとされている。政所城のすぐ西と南西には、それぞれ
          西ノ内城(吉祥院城B)と竹尻城(吉祥院城C)がある。また、遺跡ウォーカーや『探訪ブックス 近畿の城』
          にいう吉祥院城は、山本「中世城郭」では西ノ庄城となっている。
           北隣にある吉祥院天満宮に付随する城館であったと考えられるが、築城の経緯は不明であるまた、近接
          する他の2城との関係も詳らかでない。吉祥院天満宮は、織田信長ないし豊臣秀吉の頃に社領を没収され
          ている。
           『後法成寺尚通公記』の享禄四年(1531)四月二十五日の項に「吉祥寺を柳本衆・一宮等責むと云々」
          とある。吉祥寺とは、吉祥院天満宮境内に存在した吉祥院を指すものと思われ、この頃には吉祥院を中心
          に何らかの城館施設が建てられていたものと推測される。
           吉祥院城として史料に登場するのは、天文四年(1535)のことである。『久保田文書』の細川晴国書状
          に「吉祥院に於て入城の由神妙に候」とある。また、『親俊日記』の天文八年(1539)七月二十一日の項
          には「吉祥城敗北すと云々」とある。時は下って『言継卿記』の天文二十年(1551)二月十六日の項には、
          山科言継が「吉祥院三好の所」へ赴いたものの、三好長慶が留守であったため引き返したことが記されて
          いる。これらの吉祥院の城が政所城を指すか、それとも他の西ノ庄・西ノ内・竹尻の3城のどれかであるの
          かは明らかでない。

       <手記>
           政所城は、吉祥院天満宮の南隣にあったとされる方形の城館です。現在とくに遺構や案内は見受けられ
          ません。城の南西端附近に北政所墳墓という小さな地蔵尊の並んだ場所があります。北政所という名から
          豊臣秀吉正室のことかと思いきや、天満宮の主菅原道真の妻だそうです。吉祥院天満宮は菅原氏の邸宅
          のあったところとされることから、古くはこの墳墓のあたりまで菅原氏の居館の域内であったと推測されます。
          したがって、政所城は菅原氏の館の名残を利用した城とみることもできようかと思います。

           
 政所城址中心部現況。
政所城南西端附近にある北政所墳墓。 


BACK