吉祥院城(きっしょういん)
 別称  : 西ノ庄城
 分類  : 平城
 築城者: 不明
 遺構  : なし
 交通  : JR東海道本線西大路駅徒歩10分


       <沿革>
           遺跡ウォーカーや『探訪ブックス 近畿の城』では吉祥院城、山本正男「京都市内およびその近辺の
          中世城郭」(『京都大学人文科学研究所調査報告 第53号』)では西ノ庄城とされている。山本氏は、
          政所城西ノ内城竹尻城を、それぞれ吉祥院城A・B・Cとしている。
           山本「中世城郭」によれば、文禄年間(1592〜96)に小原氏および福地氏が居城していたとされる。
          城主の1人とみられる福地三河守は、豊臣秀長の家臣となり、大和郡山城内に屋敷を与えられた。
           また明応年間(1492〜1501)の文書に、八条西庄住人として福地新左衛門光長の名がみられる。
          この時点で、福地氏の居城として築かれていたものと考えられるが、確証はない。
           吉祥院城が史料に登場するのは、天文四年(1535)のことである。『久保田文書』の細川晴国書状
          に「吉祥院に於て入城の由神妙に候」とある。また、『親俊日記』の天文八年(1539)七月二十一日
          の項には「吉祥城敗北すと云々」とある。下って『言継卿記』の天文二十年(1551)二月十六日の項
          には、山科言継が「吉祥院三好の所」へ赴いたものの、三好長慶が留守であったため引き返したこと
          が記されている。これらの吉祥院の城が西ノ庄の城なのか、それとも山本氏の指摘する他の3つの城
          のどれかであるのかは明らかでない。

       <手記>
           吉祥院城は、八条通の南、佐井通の西にあったとされる方形の城館です。現在は八条通が城内を
          通過していますが、かつては城を避けるように北側に折れ曲がっていたそうです。
           とくに遺構や案内等は見受けられません。


           


吉祥院城周辺現況(八条佐井交差点)。


BACK