物集女城(もずめ)
 別称  : なし
 分類  : 平城
 築城者: 物集女氏
 遺構  : 水濠、土塁
 交通  : 阪急京都線落洛西口駅徒歩5分


       <沿革>
           物集女城は、西岡衆の1人物集女氏の居城と考えられている。物集女氏は秦氏の一族とされ、もともとは
          天竜寺領物集女荘の代官であったものが国人化したものである。長享元年(1487)の上久世荘公文に、
          西岡衆らの緩やかな連帯である「惣国」の代表者の1人として、物集女四郎右衛門尉光重の名がみられる。
           物集女は、古くは『太平記』に戦場として登場するが、城に関する記述は今のところ史料からは見つかって
          いない。物集女城は、物集女氏の居館が城砦化したものと思われるが、いつ頃城として整備されたのかは
          定かでない。
           永禄十一年(1568)、織田信長が足利義昭を奉じて上洛を果たすと、西岡一帯は細川藤孝の指揮下に
          入った。藤孝は、元西岡衆ら国人の所領を安堵する方針を採ったが、物集女忠重入道宗入はこれに反抗的
          な態度をとった。天正三年(1575)、忠重はついに藤孝の居城勝龍寺城に誘殺され、物集女氏は没落した。
          

       <手記>
           物集女城は、物集女集落のほぼ中心に位置し、東側から北側にかけての水濠と土塁が良好に残されて
          います(上の地図に太線で図示)。背後に向日丘陵を控え、眼前に物集女縄手と呼ばれる嵯峨と西国街道
          を結ぶ脇往還が走る要衝にあるといえます。向日丘陵には多くの池や沢があったようで、物集女が生産性
          の高い集落であったことがうかがえます。
           城の東と西に説明板が設置されています。西の説明板付近からは、城の北西端とされる櫓台の土塁が
          望めます。

           
 東側の水濠と土塁。
櫓台とされる北西隅の土塁(ムクの木)。 
 東方より物集女城を望む(中央下のこんもりした藪)。


BACK