小原城(おばら)
 別称  : なし
 分類  : 山城
 築城者: 小倉織部か
 遺構  : 土塁、削平地、堀切
 交通  : 名鉄広見線御嵩駅徒歩60分


       <沿革>
           御嵩町の中山道みたけ館にある小原城の説明によれば、上之郷を領した小倉織部の居城とされる。また、
          御嵩城主小栗信濃守と対立した平井頼母が築いたともされるが、詳細は不明である。
           武田氏が東濃に進出すると、金山(兼山)城や御嵩城に接する武田方の最前線として機能したと考えられ
          ている。
           廃城期間も不明だが、御嵩城や金山城が役目を終えて廃城とされたのと、ほぼ時を同じくして打ち捨てら
          れたものと思われる。


       <手記>
           城は、可児川沿いの中山道が山道へ差し掛かってしばらく入った小原集落の一角にあります。このあたり
          は山道に入ってから久々の平地である上、歩いていると分かりますが、湧き水や沢水が豊富なことから、古
          来より生産性の高い地域として注目されていたのではないかと思います。
           城域は、集落を見渡す白山神社の小丘とその裏山一帯ということです。明確な登城路は示されておらず、
          ひとまず神社に登ってみましたが、どこまでが城の遺構で、どこからが神社の境内か分かりませんでした。


           
 小原城址遠望。
出丸跡とされる白山神社。 


BACK