御嵩城(みたけ)
 別称  : 権現山城、旧御嵩城
 分類  : 山城
 築城者: 小栗氏か
 遺構  : 土塁、削平地、堀切
 交通  : 名鉄広見線御嵩駅徒歩40分


       <沿革>
           現地の説明によれば、小栗信濃守が御嵩本陣山城に移るまで居城としていた。信濃守は。天文二十一年
          (1551)、土岐郡高山城を攻略しようと目論んだ際、小里氏や遠山氏(信州の軍勢とも)の加勢に逆襲され、
          逆に本陣山城を落とされてしまった。このとき信濃守は自害または敗死したが、落城後も小栗氏は存続して
          いたようで、詳細は不明である。権現山の御嵩城も同時に落ちたものと思われる。
           小栗氏は、美濃に進出してきた織田氏に逸早く臣従し、金山(兼山)城主に任じられた森可成に従った。
           岩村城を落とした秋山信友ら武田勢が東濃地域を席巻すると、御嵩の諸城は対武田の最前線となった。
          廃城期間は明らかでない。


       <手記>
           城は、御嵩の町から可児川を挟んだ小山の上にあります。本丸と出丸の2つの峰を堀切や土橋で区切った
          簡単なものですが、それぞれの峰は独立して急峻なため、小城ながらまとまった構造をしています。
           御嵩町では、公園化され駅前からも目立つ本陣山城を御嵩城、こちらの権現山城を旧御嵩城としています。
          ただし、手元の資料では、総じて権現山城を御嵩城としているため、当サイトではこちらを御嵩城とすることに
          しました。
           時間の都合上、駅前からタクシーを拾ったのですが、権現山では通じませんでした。「金峰ふれあいの森」
          といって何とか通じるかも知れない、という程度の地元での認知度の低い城です。


           
 本丸の様子。
二つの峰を仕切る堀切と土橋。 
 出丸の様子。


BACK