落合城(おちあい)
 別称  : 志水落合城、志水氏館、志水城
 分類  : 平城
 築城者: 志水氏か
 遺構  : なし
 交通  : 京阪電鉄中書島駅よりバス
       「羽束師清水町」バス停下車徒歩5分


       <沿革>
           西岡衆のなかに志水氏の名があることから、志水氏の居城と考えられている。山本正男「京都市内
          およびその近辺の中世城郭」(『京都大学人文科学研究所調査報告 第53号』)では、志水落合城と
          されているが、史料上から確認できる呼び名は落合城である。『辻家文書』の「老諺集」に、「落合城
          久我の里の南志水村東の辺なり 今は芝原」とある。
           永禄十一年(1568)に上洛を果たした織田信長によって細川藤孝に西岡が与えられると、志水氏
          も藤孝にしたがった。その後の志水氏および落合城について、詳細は不明である
           ちなみに、同じ西岡衆の下津城主下津権内一通は、姓を志水とも称したという。落合城志水氏との
          関連も考えられるが、やはり詳細は不明である。


       <手記>
           落合城址一帯は、かなり古い時期から畑地化が進んでいたようで、現在では正確な位置は不明と
          なっています。『辻家文書』の記述から、山本「中世城郭」では上の地図上に示したあたりに比定して
          います。
           周辺は水田地帯から住宅地へと変わりつつあり、往時のようすをうかがうのは、さらに困難になって
          います。ただ、比定地の北側には東西に旧道が走っており、おそらく城の東側に桂川の渡しがあった
          ものと推測されます。

           


落合城址周辺現況。


BACK