下津城(しもづ)
 別称  : 下津氏館
 分類  : 平城
 築城者: 下津氏
 遺構  : なし
 交通  : 京阪電鉄淀駅徒歩15分


       <沿革>
           西岡衆の1つ下津氏の居城とされる。織田信長の上洛後、下津氏は西岡を与えられた細川藤孝に従った。
          天正元年(1573)、槇島城で決起した足利義昭に呼応して淀城に籠った、三好三人衆の一人岩成友通を
          藤孝軍が攻めた際、下津権内一通が友通と組打ちとなって濠に転落し、水中で友通を討ち取ったとされる。
          権内は同五年(1577)の雑賀攻めに参加し、功を上げて信長に称されたことが『信長公記』に記されている。
           その後の下津氏および下津城については不明である。

       <手記>
           下津城址は、現在桂川右岸流域下水道洛西浄化センターの敷地内となっていて、遺構は完全に消滅して
          います。さらに、城址一帯の地階部分にある浄水場やポンプ場の真上に広大な2階部分の覆屋が建設され、
          その屋上は洛西浄化センター公園(通称「アクアパルコ洛西」)という、緑とスポーツの空間となっています。
          その風景は、城跡はもちろんのこと、ここが下水処理施設の上であることをも忘れてしまうくらいです。

           


下津城址周辺現況(アクアパルコ洛西)。


BACK