淀古城(よどこ)
 別称  : 淀城、藤岡城
 分類  : 平城
 築城者: 畠山政長
 遺構  : なし
 交通  : 京阪本線淀駅徒歩10分


       <沿革>
           淀城には中世のものと江戸時代のものと2つがあり、便宜上、江戸時代の淀城に対して中世の淀城を
          一般的に淀古城と呼び習わしている。近世淀城は淀古城の廃城後に築かれたもので、両者が併存して
          いたことはないため、ここでは以下単に「淀城」と表記する。
           『東院年中行事記』の文明十年(1478)の記録に、神保与三左衛門尉が淀へ入部したとある。神保氏
          は畠山氏の家臣であり、同年、畠山政長が山城国守護に就任している。このことから、淀城は畠山氏の
          郡代役所として築かれたと考えられている。
           永正元年(1504)、摂津国守護代薬師寺元一は、守護代職を解任しようとした細川政元に対して謀反
          を起こし、淀城に立て籠もった。しかし、弟の長忠らに攻められて落城し、元一は捕えられた後自害した。
           やがて、細川氏に代わって三好氏が台頭すると、三好長慶の命によって細川氏綱が淀城主となった。
          氏綱は、表向きは長慶の主筋にあたり管領でもあったが、長慶の傀儡に過ぎず、淀城には監視がつけ
          られていたといわれる。永禄六年(1563)に氏綱は淀城で病死し、長慶の養子義継が淀城主となった。
          義継が三好氏の当主となると、淀城は松永久秀の属城となった。
           しかし、三好家中で三好三人衆と久秀の対立が先鋭化し、永禄九年(1566)には三人衆勢が淀城を
          攻略した。城主には、三人衆の1人三好長逸の臣金子某が任じられた。
           永禄十一年(1568)、織田信長が上洛すると、淀城も織田軍によって攻め落とされた。その後しばらく
          淀城について不明な時期が続くが、天正元年(1573)に将軍足利義昭が槇島城で反信長の兵を挙げる
          と、これに呼応した三人衆の1人岩成友通が淀城に籠城した。勝龍寺城主細川(長岡)藤孝らの軍勢に
          攻められた友通は、奮戦するものの味方の諏訪飛騨守らの内応によって敵中に孤立してしまい、藤孝
          家臣下津権内と組み合いの末堀へ落下し、水中で討ち取られた。
           その後また淀城は打ち棄てられたようで、天正十年(1582)の本能寺の変後に、明智光秀が羽柴秀吉
          との合戦(山崎の戦い)に備えて城を修築したことが記録にみられる。
           天正十七年(1589)には、羽柴秀長が城を修築し、城は秀吉の側室茶々に与えられ、茶々はこの城で
          鶴松を生んだ。茶々が「淀殿」あるいは「淀君」と呼ばれるのは、この城に住していたためである。
           文禄元年(1592)、木村重茲が18万石で淀城主となった。しかし、重茲は同四年(1595)の豊臣秀次
          事件に連座して自害を命ぜられ、城も廃城となった。


       <手記>
           淀古城は、近世淀城の北、納所地区にありました。往時は、両城の間には宇治川や巨椋池の流水が
          流れていました。現在の妙教寺付近が中心部といわれ、寺とその背後の墓地は、西側を除く三方に対
          してやや高い位置にあります。
           ただし、これといった遺構は残っておらず、「北城堀」「南城堀」といった字に城の存在を偲ぶのみです。
          妙教寺の境内に、標柱程度の小さな城址碑があります。

           
 淀古城址とされる妙教寺。
妙教寺境内の城址碑。 


BACK