若山氏館(わやかまし)
 別称  : 塩小路若山城
 分類  : 平城
 築城者: 若山氏
 遺構  : なし
 交通  : JR他京都駅徒歩5分


       <沿革>
           若山氏の居館とされる。若山氏の出自は不明だが、永正年間(1504〜20)にこの地を開発
          したと伝わる。若山氏は、その後江戸時代を通じて東塩小路村の庄屋を務めた。幕末の当主
          若山要助の『若山要助日記』は、幕末動乱期の京のようすを伝える貴重な資料となっている。
           戦国期の若山氏の動向については詳らかでないが、天正元年(1573)四月四日の織田信長
          による上京焼き討ちで、東塩小路一帯にも火が放たれている。上京焼き討ちは、信長に明確に
          反旗を翻した足利義昭に対する示威として行われたもので、基本的に下京は対象外であった。
          にもかかわらず焼き討ちに遭っていることから、当時若山氏は信長に親義昭派とみられていた
          とも推測される。このとき、同じく下京郊外にある梅小路城周辺(西梅小路村)も焼かれている。


       <手記>
           若山氏館は、京都駅北東すぐのところにあったとされています。東西を高倉通と竹田街道とに
          挟まれ、中央を塩小路通が貫いています。
           駅前ということで、当然ながら市街地化され、遺構や案内等は一切ありません。近年までは、
          若山氏のご子孫が居住されていたということですが、今ではビルが立ち並んでいます。
           京都駅の眼前の繁華な通り沿いに城館跡があるというのも、何とも面白いというか、興味深い
          ですね。ただ、若山氏が入った16世紀初頭には、京は荒れ果て範囲も著しく縮小していました。
          おそらく、若山氏はほとんど入植者として塩小路に入り、周辺を再開拓したのでしょう。

           


京都駅側から見た若山氏館周辺現況。


BACK