寺戸城(てらど)
 別称  : なし
 分類  : 平山城
 築城者: 竹田氏か
 遺構  : なし
 交通  : 阪急京都線西向日駅徒歩20分


       <沿革>
           西岡衆の1人竹田氏の居城とされる。建武三年(1336)、竹田掃部左衛門入道成忍は、足利尊氏に
          与して寺戸郷地頭職を安堵された。したがって、それ以前から竹田氏は寺戸に居住していたものと推測
          される。
           応仁の乱が勃発すると、寺戸は激戦地の1つとなったが、その時の寺戸城主は野田氏となっている。
          竹田氏と野田氏の関係も含め、城主家の入れ替わりがあったのか、あるいは両氏併存していたのかは
          不明である。寺戸城主野田泰忠の著した『野田泰忠軍忠状』は、土豪レベルの戦いについて知るうえで
          欠かせない史料となっている。
           『軍忠状』によれば、応仁二年(1468)十月二十二日、泰忠ら西軍側の西岡衆軍勢が「寺戸山」に陣
          を張り、東軍側の鶏冠井城を攻撃した。乱後の野田氏および寺戸城については不明である。長享元年
          (1487)の西岡衆に関する文書に、竹田仲重の名がみられるが、寺戸城との関係は詳らかでない。

       <手記>
           寺戸城は、向日丘陵の裾野の尾根先に築かれた城館とみられていますが、正確な所在地は分かって
          いません。最も有力とされているのが、字御所ノ内と呼ばれていた寺戸バス停東側の一画です。古地図
          には土塁らしきものが記載されているということですが、これまでの発掘調査では遺構らしきものは検出
          されていないようです。
           この他にも、字御所ノ内の北に字中垣内、バス停南西に字古城があり、やはり城館関連の字名と考え
          られます。地形から見ると、字御所ノ内と字中垣内はやや平坦な館地形、字古城は舌状の峰の先端に
          あり、要害地形といえます。あるいは、居館部と要害部が分かれていたのかもしれません。
           また、『軍忠状』に登場する「寺戸山」は、わざわざ城でなく山と呼んでいることから、寺戸城背後の山
          を指すと考えられています。おそらく五塚原古墳のあたりではないかと思われます。

           
 寺戸バス停脇の字古城の標柱。
字古城のようす。 


BACK