鶏冠井城(かいで)
 別称  : なし
 分類  : 平城
 築城者: 鶏冠井氏
 遺構  : なし
 交通  : 阪急京都線西向日駅徒歩10分


       <沿革>
           西岡衆に属する国人の1人鶏冠井氏の居城とされる。鶏冠井氏は応仁の乱に際して西軍に属し、応仁
          二年(1468)に、東軍の寺戸城主野田泰忠らの攻撃を受けたことが、『野田泰忠軍忠状』にみえる。
           長享元年(1487)の『上久世荘公文』に、「惣国」の代表の1人として鶏冠井八郎次郎雅盛の名がある。
          惣国とは、西岡衆ら周辺国人の緩やかな連帯であり、鶏冠井氏がそのリーダーの1人として勢力をもって
          いたことがうかがえる。
           しかし、16世紀前半の細川高国と細川晴元の抗争に際して、西岡衆は再び分裂した。鶏冠井氏は晴元
          方に属したとみられ、晴元幕下に鶏冠井政益の名がみられる。『実隆公記』によれば、大永七年(1527)に
          晴元軍の攻撃によって鶏冠井城は落城したとされる。
           永禄八年(1565)、三好三人衆の1人石成(岩成)友通が革島氏の革島城を攻め落とし、臣下の鶏冠井
          氏を城主に任じた。しかし、同十一年(1568)に織田信長が上洛すると、信長に従った革島一宣が革島城
          を回復し、鶏冠井氏は没落した。その後の鶏冠井氏については定かではない。


       <手記>
           北真経寺の東側一帯に「屋敷」という字が残り、この一帯が鶏冠井城址とみられています。城跡比定地
          は、東側と南側に対してやや微高地にあり、館に毛が生えた程度の城館があったことは想像に難くありま
          せん。遺構はありませんが、鶏冠井公民館の隅に標柱が建っています。
           他方、『日本城郭大系』では、字屋敷の南200mほどにある字「堀ノ内」周辺を比定地に挙げています(上
          の地図の南側の丸)。ただ、この一帯は西側に対してかなり低まったところで、あまり中世城館には適して
          いないように思われます。あるいは、南西すぐのところに残る旧長岡京の築地に関連した字名とも考えられ
          ます。

           
 鶏冠井公民館脇の標柱。
字堀ノ内周辺のようす。 


BACK