築山城(つきやま)
 別称  : なし
 分類  : 平城
 築城者: 片岡氏または築山氏か
 遺構  : 堀跡
 交通  : JR東海道本線向日町駅徒歩20分


       <沿革>
           城の小字が残り、域内の旧家として片岡家がある。築山城は片岡氏の城と推測されているが、片岡氏
          について詳細は不明である。
           また、西岡にはそもそも築山氏が存在し、築山城との関連が指摘される。永禄十一年(1568)、織田
          信長が足利義昭を奉じて上洛した際、勝龍寺城を攻めた細川藤孝らを築山市正なる人物が援護したこと
          が、『細川家記』にみられる。ただし、築山城と築山氏の直接の関係を示す史料は見つかっていない。


       <手記>
           築山城は、築山集落の南東部に位置し、西蓮寺付近を北西隅とする方形の城館跡です。北を除く三方
          の堀跡が、辛うじて水路として残っています。碑や案内等はありません。

           
 築山城北西隅付近に経つ西蓮寺。
西側の堀跡の水路。 
 東辺のようす。側溝は堀跡か。
南辺中央で屈曲する堀跡の水路。 


BACK