東山新城(ひがしやましん)
 別称  : なし
 分類  : 山城
 築城者: 武田信賢か
 遺構  : 曲輪跡、土塁、堀
 交通  : 京都市バス「一乗寺下り松町」バス停下車徒歩40分


       <沿革>
           『山科家礼記』の文明二年(1470)九月十八日の項に、「逸見北白川上山に構沙汰するの由」とあり、
          これが東山新城の初見であるとされる。ただし、「北白川上山」が瓜生山のどの峰を指すのかは詳らか
          であるとはいえない。「逸見」とは、若狭武田氏の家臣逸見氏を指すとみられる。『二水記』には「武田
          の城」と明記されており、如意ヶ嶽城にあった武田信賢が逸見氏に命じて築かせたものと推測される。
          当時、瓜生山には尾根沿いに比叡山一本杉を経由して近江坂本へ至る白鳥越が通っており、西近江
          経由で若狭との輸送路を確保する目的があったものと思われる。
           『二水記』の享禄四年(1531)六月六日の項には、東山新城が攻め落とされて焼失した旨が記され
          ている。このとき、同月四日の大物崩れで細川高国が敗れ、まもなく勝軍山城が細川晴元軍によって
          攻め落とされたことが知られている。『二水記』には、東山新城について「近日近江の衆新たにこれを
          構へ 数千間木屋を懸け了んぬ」と記されており、高国と晴元の争いに際し、高国を支援していた六角
          定頼が取り立てて普請したことがうかがえる。
           勝軍山城とともに攻め落とされたと思われる東山新城だが、勝軍山城がその後修築されているのに
          対し、東山新城は享禄四年以降の記録には登場していない。


       <手記>
           勝軍山城跡とされる瓜生山の東の3つのピークにそれぞれ曲輪群があり、これらが東山新城の跡と
          考えられています。資料によっては、曲輪群は4つあるとされているのですが、4つ目がどこを指すのか
          は分かりません。ここでは便宜上、3つの曲輪群をそれぞれ東峰、西峰、南峰と呼ぶことにします。
           東峰がもっとも高所にあり、主城域であると考えられています。山頂の主郭を中心に、階段状に3段
          ほどの腰曲輪が巡っています。尾根筋には、大規模な空堀や土橋が設けられています。文明や享禄
          の頃には、この城はあくまで兵站拠点として必要だったものと思われ、ここまでしっかりした防御施設
          が築かれていたようには考えにくいようにみえます。やはり、勝軍山城とセットで享禄以降も使用され
          ていたのではないかと思います。
           南峰も、山頂の曲輪を中心に数段の曲輪が連なっています。南峰には、一見したところ堀は見受け
          られません。現在も、南峰の直下を白川へ下りる道があり、この道を押さえる役目をもっていたものと
          推測されます。
           西峰と南峰の間は峠状になっており、西峰の麓にはこの峠を監視するように、土塁で囲まれた曲輪
          があります。東山新城内で明確に土塁で囲繞された曲輪は、東峰主郭のほかはここだけと思われる
          ので、興味深い遺構といえます。もう1つ特徴的なのは、西峰には櫓台状の土塁があるということです。
          この土塁は、中央が凹んでおり、実際に重層の櫓が載っていた可能性も指摘できます。もしそうだと
          すれば、現在の東山新城の遺構は、織田信長の時代まで下るものと考えられます。
           元亀元年(1570)の志賀の陣で、信長は逢坂越の街道を封鎖し、新たに山中越ルートを開きました。
          この道は、東山から白川・山中・「大ナル坂」を越えて宇佐山城下へ至るルートであることが、『多聞院
          日記』から明らかとなっています。信長は、この白川沿いの新街道を監視し、比叡山周辺から白鳥越
          を通って侵入してくるであろう浅井・朝倉連合軍に備えるため、勝軍山城を修復しています。この2つの
          目的には勝軍山城より東山新城の方が地理的には適しているといえ、信長がこのときに東山新城も
          取り立てたと考えれば、この城が補給路確保のため以上の縄張りと規模をもっていることにも説明が
          つくものと思われます。

           
 主城域主郭のようす。
東峰の腰曲輪その1。 
 その2。
東峰の堀切。 
 横堀跡か。
土橋跡。 
 南峰主郭のようす。
南峰主郭下段から上段を望む。 
 西峰主郭のようす。
西峰主郭の櫓台状土塁を望む。 
 西峰の腰曲輪群。
櫓台近望。中央が凹んでいます。 
 西峰南麓の土塁で囲まれた曲輪。


BACK