美江寺城(みえじ)
 別称  : なし
 分類  : 平城
 築城者: 和田八郎
 遺構  : なし
 交通  : 樽見鉄道美江寺駅徒歩5分


       <沿革>
           応仁・文明年間(1467〜1487)頃、土岐氏の家臣和田八郎が築いた。その後和田氏8代の居城
          となった。天文十一年(1542)、城主和田高行は土岐氏に従い、斎藤道三に敗れて滅ぼされた。
           地名の由来となった美江寺は、道三によって稲葉山城下に移築された。


       <手記>
           現在城跡は中小学校の敷地となっています。遺構は何も残っていませんが、校庭の西隅に石碑と説
          明板が設置されています。
           なお美江寺は中山道の宿場町でもあり、城跡を囲うように北西隅で鉤の手に道が折れています。また
          500mほど南には十七条城があります。


           


中小学校敷地内にある美江寺城址の碑。


BACK