本陣山城(ほんじんやま)
 別称  : 御嵩城
 分類  : 山城
 築城者: 小栗信濃守
 遺構  : 曲輪跡
 交通  : 名鉄広見線顔戸駅徒歩30分


       <沿革>
           現地の案内によれば、小栗信濃守が天文年間(1532〜1554)に築き、それまでの居城権現山城
          から移ったとされる。信濃守は、天文二十一年(1551)、土岐郡高山城を攻略しようと目論んだ際に、
          小里氏や遠山氏(信州の軍勢とも)の加勢に逆襲され、逆に本陣山城を落とされてしまった。
           このとき信濃守は自害または戦死し、その娘も本陣山城の断崖から身を投げたとされる悲譚がある。
          しかし、落城後も小栗氏は存続していたようで、このあたりの詳細は不明である。
           小栗氏は美濃に進出してきた織田氏に逸早く臣従し、金山(兼山)城主に任じられた森可成に従った。
          岩村城を落とした秋山信友ら武田勢が東濃地域を席巻すると、御嵩の諸城はその最前線となった。
           廃城期間は明らかでないが、織田氏が東濃を回復し前線としての機能を全うした後か、森氏が海津城
          へ移封された頃には、廃城とされたものと思われる。


       <手記>
           駅前や町内のいたるところから見える不思議なモニュメントのおかげで、一発でその山と分かる城です。
          展望台も兼ねたこの謎のモニュメントは、夜間にはライトアップもされるそうです。ただ、この公園化のおか
          げで、城跡については、ほとんど遺構が分からない状態になってしまっています。
           公園の駐車場や中山道みたけ館には、城の縄張り図が展示されています。少々誇張があるようにも思
          いますが、もしこれが正しいとすれば、かなりの遺構が公園化に伴って破壊されてしまったことになります。
           なお、御嵩町では本陣山城を御嵩城、権現山城を旧御嵩城と呼称していますが、手元の資料には総じ
          て権現山城を御嵩城と記しているので、当サイトでもこちらを単に本陣山城としています。


 御嵩城から本陣山城を望む。
駐車場より、本城域近望。 
 本丸の様子。


BACK