水垂城(みずたれ)
 別称  : 水垂築山城
 分類  : 平城
 築城者: 築山氏か
 遺構  : なし
 交通  : 京阪本線淀駅徒歩20分


       <沿革>
           山本正男「京都市内およびその近辺の中世城郭」(『京都大学人文科学研究所調査報告 第53号』)
          では、西岡衆の1人築山氏の城館と推測している。かつて近くに築山氏の墓地があったこと、築山氏が
          仕えていた細川家の『山城国西岡御領知之地図』に、勝龍寺城の北東に「築山村」の記載があることを
          論拠としている(水垂城址は勝龍寺城の南東に位置しているため、「北東」は「南東」の誤りか)。
           築山氏については、永禄十一年(1568)に織田信長が足利義昭を奉じて上洛したときに、勝龍寺城を
          攻めた細川藤孝らを築山市正なる人物が援護したことが、『細川家記』にみられる。
           しかし、水垂城と築山氏を結びつける確証は得られていないといえる。また、西岡の北方には築山城
          があるが、この築山城と築山氏、ひいては水垂城との関係も不明である。


       <手記>
           水垂城は桂川河岸にあったとされていますが、現在では河川改修によって河川敷もろとも地形が多分
          に改変されており、跡形もありません。
           かつては四周を堀に囲まれた区画があり、「構口」から転訛したものと推測されている「神口」なる小字
          が残っていたそうです。

           


水垂城址周辺現況。


BACK