二条城(にじょう)
 別称  : 二条新御所
 分類  : 平城
 築城者: 徳川家康
 遺構  : 御殿群、櫓門、石垣、水濠など
 交通  : 地下鉄東西線二条城前駅、
       またはバス二条城前停留所下車


       <沿革>
           現在の二条城は、関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康によって、慶長七年(1602)に築かれた。当初は
          二の丸東側のみの単郭式の城郭で、北西隅に五層の天守があげられていた。家康は、この城で翌八年
          (1603)に征夷大将軍に任じられ、後に豊臣秀頼と会見した。
           その後徳川家光によって、寛永年間(1624〜43)に大規模な拡張工事が行われた。この時、家康の
          二条城天守は淀城に移され、伏見城の天守が代わりに二条城に移されたといわれている。
           寛永年間の拡張によって現在の縄張りとなったが、天守は寛延三年(1750)に、また本丸御殿も天明
          八年(1788)に焼失してしまい、以後再建されることはなかった。
           家光以降、二条城は14代家茂の入城まで実際に使用されることはなく、その間は二条在番役や二条
          定番が待機するのみであった。しかし、慶応三年(1867)の大政奉還の舞台となったことで一躍歴史の
          表舞台に復活することになった。


       <手記>
           二条城には中学の修学旅行以来何度か来ていますが、今回とうとう二条城真向かいの京都国際ホテル
          の「城側」ツインルームに泊まってしまいました。朝の眺めは最高なのですが、難点は西日がモロに直射し
          てきて夕暮れ時は部屋に居ていられないことです。
           二の丸の御殿は、何度行ってもその規模に圧倒されます。おそらく日本最大級の御殿建築でしょう。また、
          御殿だけでなく、新政府軍に真っ先に接収されたにもかかわらず、諸門や諸櫓が良好な形で残されている
          のは眼福というべきでしょうか。
           まあ、二条城は少なくとも初めて京都を訪れた人にとっては抜かせない名所でしょうから、私が余り多く語
          る必要はないように思います。


           

 東大手門。
二の丸御殿唐門。 
 二の丸御殿車寄と遠侍。
升形の前面に立つ珍しい形式の本丸東門。   
 本丸天守台。
  京都国際ホテルからの眺め。  


BACK