淀城(よど)
 別称  : てん(さんずいに奠)城
 分類  : 平城
 築城者: 松平定綱
 遺構  : 石垣、水濠、天守台
 交通  : 京阪本線淀駅下車


       <沿革>
           元和九年(1623)、将軍徳川秀忠の命により、松平定綱が3万5千石で淀藩を立藩した。定綱は淀古城
          の対岸に新城の建築を開始し、寛永二年(1625)にほぼ完成した。淀城天守には、当初伏見城の天守が
          移築される予定であったが、伏見城天守は二条城に移されることになり、代わって二条城の天守が淀城に
          移された。しかし、伏見城天守に対して二条城天守はやや小さかったため、天守台が余ってしまった。その
          ため、天守台の四隅に二重の櫓を配し(姫路城からの移築とも)、それらを多聞櫓でつないで天守を囲うと
          いう特異な天守の形態となった。さらに、淀城の特徴として、城の西側と北側に水車が設けられ、桂川の水
          を城内に引き入れていた。
           寛永十年(1633)、定綱は大垣城6万石へと加増転封となり、代わって永井尚政が10万石で入城した。
          尚政のもとで、城下町や屋敷の整備がなされた。永井家は、尚政の子尚征の代に宮津藩へ転封となった。
          その後、石川家、戸田松平家、大給松平家と目まぐるしく城主家が交代した。享保八年(1723)に、稲葉
          正知が入封すると、以後明治維新まで稲葉家が続いた。宝暦六年(1756)には、落雷により天守などの
          建物が焼失した。天守と本丸御殿は、その後再建されることはなかった。
           慶応四年(1868)の鳥羽・伏見の戦いで、藩主稲葉正邦は老中であったため、淀藩は旧幕府軍として
          藩兵を出した。しかし、敗れた旧幕府軍が淀城で態勢の立て直しを図ろうとしたところ、淀藩は彼らの入城
          を拒否した。旧幕府軍は淀城下で新政府軍を迎え撃つことになったが、再び敗れて八幡へと退いた。この
          ときの戦火で、城下町や城内に火が回った。
           藩主正邦は江戸にいたため、淀藩の新政府への恭順は藩主抜きでの決定であった。正邦は老中を辞し
          て淀へ戻り、以後恭順の態度を貫いたまま明治維新を迎えた。

       <手記>
           淀城は、桂川と宇治川そして巨椋池からの流水が合流する地点にあり、三方を水に囲まれた要害の地
          であるとともに水運の要衝でもありました。巨椋池の干拓などによって、周辺の地形は大きく変わっている
          ため、現在往時のようすをうかがうのは困難かもしれません。
           京阪本線淀駅の眼前に、本丸の石垣と水濠が残されています。淀城の特徴である水車などの復元計画
          も持ち上がっているようですが、今のところこの満々とした水濠だけが、水を駆使した城としての面影を残し
          ています。

           
 淀駅ホームから天守台(右手前)を望む。
本丸西側の石垣と水濠。 
 本丸内の淀城址碑。


BACK