霊山城(りょうざん)
 別称  : なし
 分類  : 山城
 築城者: 足利義輝
 遺構  : 曲輪跡、堀切、土橋
 交通  : 京都市バス「清水道」バス停下車徒歩20分


       <沿革>
           『異本年代記』の天文二十一年(1552)十月二十七日の条に、「義藤霊山御城普請始」とある。義藤とは、
          13代将軍足利義輝の初名である。城地には正法寺という時宗の寺院があったが、同十九年(1550)に破却
          された。正法寺は当初霊山寺と称していた。霊山の名はこの寺にちなむものであるが、寺名の読みは「りょう
          ぜん」である。
           この年の初め、義藤は三好長慶と和睦し近江から京へ戻っていた。しかし、将軍とは名ばかりの傀儡だった
          ため、長慶に対抗するための備えとして霊山城を築いたものと思われる。翌二十二年(1553)七月、義藤は
          三好方の小泉城を攻撃したが、攻城に手間取っているうちに後詰が到着したため撤退した。翌八月一日には、
          長慶勢2万5千の大軍が霊山城を攻撃した。松田監物、近江の土豪磯谷氏、醍醐三宝院門徒らが守っていた
          が、城は1日で落ち、監物は戦死したとされる。このとき、義藤は北野の右近馬場城にあったとみられている
          が、霊山落城の報に触れて再び近江朽木へ落ちていった。
           霊山城はそのまま廃城になったものと推測される。

       <手記>
           霊山城は、高台寺裏手の峰上に位置しています。地図上では、西麓から尾根筋に登る道があるように書か
          れていますが、この西麓には墓地があり、何でも坂本竜馬の墓があるとかで墓地全体がフェンスで囲われて
          いるうえに有料となっています。おかげでフェンスに阻まれて山へ登ることができません。墓には興味のない
          私にとっては手痛い無駄な出費となってしまいました。
           現在、城へ登るには南西麓の正法寺の北裏手から斜面をよじ登ってくだんの尾根道に取りつくよりほかあり
          ません。道に出てしまえば、あとは多少の藪を抜けてまもなく城跡へたどり着くことができます。とくに城跡を
          示すものはなく、山腹には曲輪跡ともとれる小さな平場がいくつか見受けられますが、顕彰碑などが建てられ
          ているため、城の遺構かどうか判別ができません。ただ、主郭とその背後の2条の堀切は、かなりしっかりと
          した遺構として残っています。
           義輝が長慶に対抗する拠点として築かれた城ですが、不思議なことにいざ本番の合戦では、義輝は霊山城
          ではなく北野の右近馬場城に拠ったとされています。あるいは、粟田口と汁谷口を南北に押さえる霊山城で
          近江の六角氏と連絡し、三好勢を挟撃する作戦だったのかもしれません。果たせるかな、霊山城を落とされて
          大津方面との連絡が絶たれると、義輝は朽木谷へと落ち延びています。

           
 霊山城址を望む。
主郭のようす。 
 主郭背後の堀切と土塁。
主郭背後2条目の堀切と土橋。 
 主郭南側斜面。曲輪が続いているようないないような…。


BACK