垂井城(たるい)
 別称  : なし
 分類  : 平山城
 築城者: 長屋氏
 遺構  : なし
 交通  : JR東海道本線垂井駅下車徒歩5分


       <沿革>
           今須城主長江氏の一族の長屋氏によって築かれたとされ、北西200mほどのところに長屋氏の居館がある。
          天文年間(1532〜55)、長屋景興は垂井城から相羽城へと居城を移したとされる。景興は、天文十六年(1547)
          に斎藤道三に相羽城を攻め落とされ、戦死した。その後、垂井城については不明な時期が続く。
           慶長五年(1600)、豊臣秀吉の馬廻であった平塚為広が1万2000石で垂井に封じられた。為広は、大谷吉継
          とともに石田三成の挙兵を諫止したが聞き入れられず、結局西軍に与し、関ヶ原の戦いで内応した小早川秀秋
          ら相手に奮戦、敗死した。戦後、垂井城も廃城とされた。


       <手記>
           西に位置する長屋氏屋敷と同様、北の垂井宿そして相川に望む台地の端に築かれています。城跡は現在の
          専精寺周辺といわれ、寺門の脇に石碑と説明版がひっそり建てられています。
           城の眼前は南宮大社の参道となっていて、また城のすぐ北側には名水であり歌枕にもされた垂井の泉があり
          ます。一年を通して涸れることなく水温も一定で、夏は冷たく冬は暖かい清水だそうです。訪れたのは11月でし
          たが、確かに早朝の朝寒のなかで手を温められるほどに暖かい水でした。
           なお、城主平塚為広は歴史的には事跡も少なく、さほど重要人物とも思われないのですが、KOEIの某ゲーム
          では代々なぜか優遇されている武将です。


           
 専精寺の石碑。
垂井の泉から城跡を望む。 


BACK