阿弥陀峰城(あみだがみね)
 別称  : なし
 分類  : 山城
 築城者: 一向宗徒か
 遺構  : 曲輪跡、土塁
 交通  : 京都市バス「京都女子大前」バス停下車徒歩15分


       <沿革>
           『探訪ブックス 日本の城』には、南北朝時代に南朝方の軍勢が築き、東寺を本陣とした北朝勢に攻略され
          たとあるが、根拠は不明である。花田卓司氏の「軍事関係文書からみた京都:南北朝期の京都合戦」(立命
          館大学『アート・リサーチ』9巻)によると、建武三/延元元年(1336)〜延文六/康安元(1361)の間には
          阿弥陀ヶ峰にたびたび軍勢が布陣しており、建武三/延元元年六月八日には足利尊氏が清閑寺に「久々
          目路阿弥陀峰」の警護を命じたとある。ただし、阿弥陀ヶ峰に城砦が築かれたか否かは定かでない。
           祇園社(八坂神社)執行による『祇園執行日記』の天文元年(1532)九月三日の条に、「東山阿弥陀峰ニ
          篝タキ候 推ニ一向宗歟」とある。この年の八月二十三日、山科本願寺が細川晴元や茨木長隆らの後押しを
          受けた法華宗徒に焼き討ちされている。焼き討ちに先立つ八月中旬には、東山山麓で両宗徒の間で合戦が
          行われており、この頃には阿弥陀ヶ峰に何らかの城砦施設があったものと推測されている。翌二年(1533)、
          一向宗は本拠を石山本願寺に移し、宗派間の争いも山崎方面が主戦場となった。
           山本正男「京都市内およびその近辺の中世城郭」(『京都大学人文科学研究所調査報告 第53号』)では
          汁谷口に権益をもっていた今村城主今村氏との関連を示唆している。今村氏の墓地が阿弥陀ヶ峰の西麓に
          あるとのことだが、関係は不明である。
           慶長四年(1599)、豊臣秀吉の遺体が本人の遺命により阿弥陀ヶ峰山頂に葬られた。この間の阿弥陀ヶ
          峰については不明である。

       <手記>
           阿弥陀ヶ峰は、東海道線が真下を通過しており、翻って京都駅の真東にあります。こんもりと目立つ山で、
          山頂には豊国廟があります。北麓を、京への進入路の1つ汁谷越(現在の渋谷越)が通っており、交通上の
          要衝でもあります。北と東の斜面はかなり急で、城を築くにはうってつけの山のように見えます。
           かの豊臣秀吉の墓所ということで、京都の名所として有名ではないものの、それなりに人出はあるだろうと
          思っていたのですが、想像に反してまったく人気がありませんでした。一応、入山には50円かかります。山頂
          まではひたすら延々と続く階段を直登します。山頂の主郭は、当然ながら廟所として改変されており、旧状を
          推察するのは困難です。廟の裏手にあたる東辺付近には、土塁の痕跡と思われる箇所が見受けられます。
          また、南側斜面は比較的緩やかで、山本正男「京都市内およびその近辺の中世城郭」(『京都大学人文科学
          研究所調査報告 第53号』)によればここに多数の曲輪が「よく残っている」とあります。ただ、私の目には原
          地形なのか曲輪群の跡なのか判別がつきかねます。
           特筆すべきは、階段が一旦途切れて踊り場のようになっている平場周辺にあります。踊り場といっても面積
          が結構あります。この平場の南東隅から獣道が伸びていて、九十九折れに主郭南西隅に続いています。おそ
          らく、この道が本来の登城路と思われます。そして、平場から登ってすぐの右手には、土塁で囲繞された楕円
          形の曲輪があります。この土塁は、豊国廟の建設には利点のない形状をしているので城の遺構であると推測
          されます。登城路は、この曲輪と山肌に挟みこまれる格好になっており、城内ではかなり防御力の高い虎口
          を形成しています。また、平場自体も訪廟ルートから外れる北側の斜面際は土塁状になっており、曲輪の跡で
          ある可能性は高いように思われます。これらの点から、この平場一帯の曲輪群が阿弥陀峰城でもっとも堅固
          な箇所の1つであると思われます。
           こうした縄張りの妙や汁谷口を扼するという地勢上、阿弥陀峰城は、一向宗徒による一時的な陣城程度の
          もの以上の城砦であった可能性が指摘できると考えています。

           
 阿弥陀ヶ峰を望む。
主郭跡に建つ豊国廟。 
 豊国廟背後、主郭東辺のようす。
 曲輪跡および土塁の痕跡か。
主郭下の平場南側の曲輪の土塁。 
 平場から主郭へ延びる登城路。
 左手が主郭側山肌。右手が前述の曲輪。
平場北側の土塁痕跡。 


BACK