妙顕寺城(みょうけんじ)
 別称  : (秀吉)二条城、二条第など
 分類  : 平城
 築城者: 豊臣秀吉
 遺構  : なし
 交通  : 地下鉄東西線二条城前駅、
        またはバス二条城前停留所下車。


       <沿革>
           妙顕寺城は、天下人となった豊臣秀吉によって聚楽第が完成するまでの京の宿城として築かれた。
           当時どのように呼ばれていたか詳らかでないが、二条油小路にあった妙顕寺を移転させ、跡地を接収
          して築かれたため妙顕寺城と呼ぶ。しかし、二条通に信長の二条御新造と隣り合わせの形で選地して
          いるのは、権力者の京の城「二条城」として意識したものと思われる。天守建築も存在したといわれるが
          不明である。
           聚楽第が完成した後は、京都所司代の邸宅として利用された。廃城期間も不明である。


       <手記>
           現地には何の遺構もなく、押小路の一角に石碑と説明板が立っているのみです。ただ、西に家康の二
          条城、東に信長の二条御新造という立地を望めば、秀吉もまた二条の地に覇者として城を築いた当時の
          心境を偲ぶことも出来るかと思います。


           

 妙顕寺城址石碑。
妙顕寺城周辺。 


BACK