勝龍寺陣屋(しょうりゅうじ)
 別称  : 長岡陣屋、勝龍寺城
 分類  : 平城
 築城者: 永井直清
 遺構  : なし
 交通  : JR東海道本線長岡京駅下車


       <沿革>
           寛永十年(1633)、2万石の大名に昇格した永井直清は、(山城)長岡藩を
          立藩した。直清は、戦国期の勝龍寺城の北方に陣屋を設けた。勝龍寺城を
          再利用しなかったことについては、度重なる戦乱や水害などで著しく荒廃して
          いたからとも、幕府から特に指定があったからともいわれ、定かではない。
           直清は、慶安二年(1649)に3万6千石に加増のうえ高槻に移封となった。
          これによって、陣屋はわずか16年で廃された。
           長らく陣屋の位置は不明であったが、JR長岡京駅の東口付近で、長岡藩
          当時の史料と合致する遺構が発見された。なお、陣屋の正式な呼称は不明
          で、ここでは分かりやすいように勝龍寺陣屋としたが、一般的には長岡陣屋
          とされている。勝龍寺城の資料館では、「永井氏の勝龍寺城」と紹介されて
          いる。


       <手記>
           JR長岡京駅東口付近が陣屋の中心ということですが、駅周辺には遺構も
          説明板等もありません。駅前から勝龍寺城址へと延びる通称「ガラシャ通り」
          が、その女性的な響きと裏腹にあまりに殺風景なのも、なんともひっかかり
          ます。


           
 勝龍寺陣屋周辺現況(ガラシャ通り)。
 左手奥の森は神足城址
長岡京駅前の駅名改名の説明板。 


BACK