曽根城(そね)
 別称  : なし
 分類  : 平城
 築城者: 稲葉一鉄良通
 遺構  : 曲輪跡、礎石石垣
 交通  : 養老鉄道養老線東赤坂駅徒歩30分


       <沿革>
           西美濃三人衆の1人稲葉一鉄良通によって、永禄年間(1558〜69)に築かれた。一鉄は、他の三人衆と
          ともに斎藤龍興を見限って織田信長につき、斎藤氏滅亡の要因となった。天正十年(1582)の本能寺の変
          で信長が斃れた後は、秀吉に従った。
           一鉄が隠居すると子の貞通が跡を継ぎ、曽根侍従と称された。天正十六年(1588)、貞通は郡上八幡へ
          移封され、曽根城には西尾光教が2万石で入城した。光教は、慶長五年(1600)の関ヶ原の合戦で東軍に
          ついたため、曽根城は大垣城攻略の最前線となった。
           戦後、光教は1万石加増の上揖斐城に移り、ここに曽根城は廃城となった。その後、本丸跡には一鉄の
          母の菩提寺である華渓寺が移された。


       <手記>
           城跡は、本丸跡が華渓寺の境内となり、外郭である北側が曽根城址公園として開放されています。
           古絵図によると、城は方形複郭の本丸を中心に、二の丸や惣郭が巡る構造をしていたようです。現在でも
          華渓寺の敷地は周囲より1mほど高く、また寺の周囲は田が囲っており、おそらく堀跡をそのまま使用した
          と思われ、旧状を偲ぶには充分です。
           寺の北の駐車場の下からは、一鉄時代のものと思われる石垣遺構が発掘され、地表復元されています。


           
 旧本丸の華渓寺。
 周囲の田は堀の跡と思われます。
本丸北側の石垣発掘現場。 
地表復元されています(塀の下ではなく、手前の列石)。 


BACK