山崎城(やまざき)
 別称  : 天王山城、鳥取尾城、宝寺城、宝積寺城
 分類  : 山城
 築城者: 赤松氏か
 遺構  : 曲輪跡、石垣、土塁、虎口、櫓台
 交通  : JR東海道本線山崎駅/阪急京都線大山崎駅徒歩20分


       <沿革>
           建武五/延元三年(1338)の林直弘への軍忠状に、「山城の国山崎警固の事(中略)鳥取尾城五月廿九日
          より六月廿三日まで用害警固を致し候」とあり、鳥取尾城とは山崎城のことを指すとみられている。鳥取尾城
          は、足利尊氏に従って戦っていた当時の摂津守護赤松範資によって朝廷側の攻勢に備えて築かれたと考え
          られているが、詳しい築城の経緯は不明である。
           文明二年(1470)の『野田泰忠軍忠状』には、「山名弾正殿御被官相共に山崎に着陣仕り(中略)城を鳥取
          尾山に構え在陣致す」とある。泰忠は、天王山北方の西岡を地盤とする国衆「西岡衆」の1人で、応仁の乱に
          際して東軍に属していた。「構え」とあることから、赤松氏の鳥取尾城はすでに一度廃されていたものと推測
          される。
           大永七年(1527)、管領細川高国に反旗を翻した波多野稙通・柳本賢治兄弟が丹波で挙兵し、摂津へ侵攻
          して山崎城を落としたことが『二水記』に記されている。城主薬師寺九郎左衛門尉(国長)は、高槻城へ逃亡
          したとされる。
           天文七年(1538)、高国を破って入京した細川晴元が、洛中洛外から人夫を集めて山崎城を改修し、自ら
          普請のようすを見に訪れたことが、『親俊日記』や『兼右卿記』にみられる。翌八年(1539)に、晴元家臣三好
          長慶が自身の一族で政敵の三好政長討伐を強要して晴元と不和に陥ると、山崎城は京都と晴元の摂津の
          拠点である芥川城との繋ぎの城として機能したとみられている。また、長慶自身も山崎周辺に陣を構えたと
          される。
           天文十八年(1549)、長慶に離反された晴元は江口の戦いに敗れて近江へ逃亡した。このとき、山崎城も
          長慶に接収されたものとみられるが、三好氏時代および続く織田氏時代の山崎城のようすは不明である。
           天正十年(1582)の本能寺の変後、備中から引き返した羽柴秀吉軍に対し、明智光秀勢は一旦天王山と
          男山を占拠したものの、勝龍寺城淀城ラインまで退き両城を修築した。このことから、山崎城は織田氏時代
          までには打ち捨てられていたものと推測される。六月十三日の山崎の戦いで、秀吉は本陣を天王山山麓の
          宝積寺に布いた。天王山をめぐる戦いもあったとされているが、同戦いにおける主戦場は小泉川流域であり、
          俗にいわれるような「先に天王山を押さえた方が勝ち」とまでは重要視されていなかったとみられている。
           同年七月十七日の毛利輝元宛の秀吉書状に、「山崎において我等普請申し付け候」とある。秀吉は、六月
          二十七日の清洲会議で山城国を獲得しており、本来の領国であった播磨からは飛び地となる山城に、畿内の
          居城として山崎城を築いたものとみられる。山麓の宝積寺も居館ないし家臣団屋敷として城域に取り込まれ、
          同寺の別称「宝寺」から、秀吉新城は宝寺城とも呼ばれた。
           翌十一年(1583)、秀吉は大坂城築城を開始し、その翌年に完成をみた。『兼見卿記』の同十二年(1584)
          三月二十五日の条には、「今朝山崎之天主ヲ壊チ取ランが為 奉行罷リ越ス」とある。正確な廃城日時が分か
          るだけでなく、山崎城に天守建築があったことを知ることのできる貴重な史料といえる。

       <手記>
           山崎城は天王山山頂にあった城です。天王山といえば、天下分け目の戦いで知られていますが、今日では
          山の確保自体は戦況にそれほど影響を与えていないと考えられています。天王山は淀川に片手を広げたよう
          にのっそりと張出した山で、西国街道はここで北は天王山、南は男山や淀川そして今はない永荒沼に挟まれ
          ており、要衝中の要衝となっています。山崎の戦の実際の主戦場は山崎の北東の小泉川であったといわれ、
          明智軍は山崎の隘路に羽柴勢を押し込めて叩く作戦であったと推測されています。両者ともに万を超える軍を
          擁するなか、天王山には少なくとも籠って戦うに値するような城は無かったものと考えています。
           天王山自体は、広大で非常に緩やかな山です。ただ、山頂の一点のみが取ってつけたように急峻に尖って
          います。巨大なかに玉にグリーンピースが乗っているような感じで、このグリーンピースの部分を利用して城が
          築かれています。城へは、宝積寺から酒解神社を通って登ることができます。途中の山腹には、山崎の戦い
          にちなむ旗立松があり、古戦場を一望することができます。
           城は、山頂の主郭を中心に、4〜5つほどの腰曲輪をめぐらした構造をしています。そのうち3つは、主郭から
          螺旋階段状に連なり、それぞれ虎口で連結されているという特徴をもっています。主郭にはくだんの天守台と
          思われる高まりがあり、ここに山頂の道標と石礫の山があります。一応、この石礫の山は城とは関係のない
          ものとは思います。主郭虎口脇にも石垣があり、これは城の遺構であると思われます。そのほか、主郭周囲
          の土塁には、よくみると石垣の痕跡が散在しています。また、主郭2段下の曲輪には井戸跡も認められます。
          グリーンピースの主城域の外側にも土塁が見受けられ、ここには屋敷などの建物が構えられていたのでは
          ないかと推測されます。
           総じてみると、このころの信長重臣の居城としてはあまりに規模が小さく、ましてや戦闘に耐えられる城とは
          思えません。有識者の間では、山崎城を小谷城などと比較するような向きもあるようですが、私にはそれほど
          たいそうな役割をもった城にはみえません。おそらく、信長死後の覇権争いのなかで、自分がここで主君信長
          の仇を討ったんだぞという功績を示威し、信長家臣団のなかでの自身の地位を確立しようとしたのではないで
          しょうか。最大のライバルであった柴田勝家を滅ぼすと、まもなく大坂城築城を開始し、完成とともに山崎城を
          あっさりと廃城にしていることからも、この城の役割のほどがうかがえます。

           
大山崎駅から天王山を望む。
主郭のようす。 
 主郭の天守台と思しき高台。
主郭虎口。 
 主郭下1段目の曲輪。
1段目の曲輪虎口より2段目の曲輪を望む。 
左手奥に井戸遺構が見受けられます。 
 3段目の曲輪。
 主郭背後の腰曲輪。 
 主郭周囲の石垣痕跡。
同上。 
 同上。
主城域外側の土塁。 
 主城域を見上げる。
おまけ:旗立松より山崎の合戦場を望む。 
高速道路に沿って主戦場の小泉川が流れています。 


BACK