長野県の城


長野市

  善光寺平争奪戦の舞台となった中心都市。川中島や真田藩府松代も昭和期に編入されました。

  八幡原陣城

  松代城


上松町
  木曽福島のひとつ南の町。名称寝覚ノ床で知られています。

  上松氏館

  荻原城

  荻原氏館


伊那市
  伊那谷の北の中心地。旧伊那市、高遠町、長谷村から成ります。

  高遠城


上田市
  古代から塩田平を中心に信州の中心として栄えてきました。村上氏や真田氏の拠点としても名高い地域です。

  上田城

  内小屋城

  真田氏館

  真田本城

  塩田城

  戸石城

  遠見番所

  松尾古城

  矢沢城

  横尾城


大桑村
  木曽路南部に位置する村。戦国期木曽氏が初期に本拠とした須原があります。

  木曽氏館

  和村城


岡谷市
  製糸業で発展した町。中世はむしろ諏訪湖の西岸を走る諏訪西街道沿いの方が重要性が高く発展していました。

  岡谷城

  小坂城

  花岡城


軽井沢町
  いわずと知れた日本屈指のリゾート地。その中心街たる旧軽井沢こそ、旧中山道軽井沢宿でした。

  碓氷峠城山


木曽町
  旧木曽福島町、開田村、日義村、三岳村。木曽福島を有する木曽谷の中核的な町です。

  上之段城

  木曽義仲館

  中原兼遠館

  福島城

  八沢城


木祖村
  木曽谷の北の玄関口鳥居峠の麓の村。

  古畑氏館

  藪原砦


小諸市
  懐古園や島崎藤村の「千曲川旅情のうた」で知られる小諸城があります。

  愛宕山城

  楽巌寺城

  小諸城

  堀ノ内城


佐久市
  旧浅科村、臼田町、佐久市、望月町。その名の通り佐久地方の中心地域。

  岩村田城

  大井城

  駒形神社の塁

  望月城


塩尻市
  松本平の南端。楢川村の編入により、木曽谷の玄関口鳥居峠までが市域となりました。

  内城(付堀ノ内館)

  小屋村屋敷

  奈良井城


下諏訪町
  諏訪湖北東岸の諏訪神社下社周辺地域。

  霞城

  上の城

  桜城

  下の城

  高木城

  山吹城


諏訪市
  諏訪大社を擁する神代の歴史を持つ地域。諏訪盆地を囲む山々に沿って諏訪氏や武田氏にちなむ城跡が多数
  見受けられます。

  荒城

  有賀城

  大熊城

  大和城

  金子城

  北真志野城

  桑原城

  高島城

  武居城

  茶臼山城

  天狗山砦

  天神山城

  南真志野城


茅野市
  諏訪盆地の南側と山浦地域を包摂しています。諏訪総領家の居城上原城や大祝家の居城樋沢城など、諏訪氏
  関連の重要拠点が散らばっています。

  粟沢城

  上原城

  鬼場城

  駒形城

  埴原田城

  干沢城

  古田城

  齢松山城


長和町
  旧小県郡長門町と和田村。旧中山道随一の難所の和田峠越えや、武田信玄が東信への侵攻路とした大門街道が走っています。

  和田城


東御市
  旧東部町と北御牧村。レゴブロックと日本では双璧を成す河田工業のダイヤブロックの工場があります。

  外山城

  鍋蓋砦

  禰津下の城

  矢立城


南木曽町
  中山道妻籠宿を擁する文字通り木曽谷南部の町。なんと町面積の94%が森林だそうです。

  神明砦

  妻籠城

  妻籠古城


富士見町
  諏訪郡の南端、山梨県との県境の町。

  先達城

  伏屋長者屋敷


松川町
  平安時代より片切氏を中心に開発された、伊那谷の中心地のひとつ。

  大島城


松本市
  信濃守護小笠原氏、そして武田氏と信州の中枢として栄えました。
  松本城の知名度は圧倒的ですが、林城を中心とした小笠原氏時代の城郭群も見ものです。

  井川城

  犬甘城

  桐原城

  林城

  林小城

  松本城

  山家城


御代田町
  軽井沢と佐久市の間に位置する町。合併しないのは、シチズンの工場や別荘があるためでしょうか。

  小田井城

  谷地城



戻る